FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

執事喫茶

CabaretM1-110830_114126.JPG

さて、というわけで、昨日は執事喫茶なる場所へ足を踏み入れてきました。

お邪魔したのは池袋「スワロウテイル」。
常連の友達に連れられて、初めての「帰宅」です…不安!!


まず驚いたのがこのお店、完全なる予約制なのね。
夏休みだからなのか予約表はいっぱいで、キャンセル待ちというような状態。実際、待合室で待ってる間にも、予約なしで来て入れず帰る女の子たちがいました。
に、人気あるのねえ…。


さて地下へ降りていくとまず店の外にドアマンなる男性がいて、いきなり「お帰りなさいませお嬢様」。

おっ、お嬢様て歳でもないですけれど…!!
すみません。

予約の名前を告げて時間まで外で待機いたしました。


その間もぞくぞく帰宅するお嬢様たち…。
に、人気あるんだなあ。
びっくりです。

いよいよ時期が来て店内へ…というところで電車を下りるので、二本目を待て!

| もばいる | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

くくる

CabaretM1-110830_140721.JPG

昨日は執事喫茶へ行き、帰りぎわにくくるのたこ焼きを食べました。
ああ~美味しい、たこ焼き♪

執事の感想は後ほど!

なかなか面白かったです。

| もばいる | 14:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

編集中

CabaretM1-110830_114126.JPG

CabaretM1-110830_114333.JPG

| もばいる | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ふじこふじお電車

CabaretM1-110828_150445.JPG

やった♪
念願のふじこふじお電車に乗りました。

みんな写真とってた~!

| もばいる | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

花と花~団鬼六を偲ぶ夜~


CabaretM1




というわけで、一ヶ月をきりましたので告知です。

来月、9月22日(連休前の木曜)、阿佐ヶ谷ロフトAにて第一回団鬼六賞大賞受賞の花房観音さんと一緒にトークイベントします。


「花と花~団鬼六を偲ぶ夜~」と題しまして、花房さんと二人で、官能(というか男とセックス)について語り倒します。

主宰の松村編集長によりますと、団鬼六先生と言うのは実に猥談のお好きなかただったそうです。
それは、先生の書いたエッセイなどを読んでもよくわかります。
団先生の周りには業の深い性愛を持った人が多く集まり、先生自身も、そういう人々を愛していらしたのだろうなあと思うのです。
団鬼六と言う人は、淫靡で薄昏い、恥ずかしくも愛おしい人間の性を面白おかしく、しかし深く見詰めることによって、人間そのものを描いていらしたかたなのだと思います。

そしてその団鬼六先生が授賞式で放ったお言葉。

「女性と言うのは実に猥談がへただなあ」


受賞から約一年、果たして女流作家二人がどれだけ面白く猥談できるまで成長したのか!?
というか本当は元々スキなんですよっ!

というわけで、花房さんと二人、さらに特別ゲストに花房さんと交友の深いAV男優の大賀麻郎さんをお呼びして、天国の団鬼六先生に愉しんでいただけるよう、はりきってイロイロお喋りしたいと思います。

ちなみに司会は宇宙人オナニーでおなじみの松村由貴編集長御自らマイクをお取りになるそうです。
これはぜったい面白いよっ!

現地では有料ですが飲み食いできますので、これまた、大いに飲んで愉しんでいただけたら嬉しいです。

ぜひぜひ皆さん遊びに来てくださいまし!!


ご予約は直接私(novelnene@yahoo.co.jp 、またはコメントでもOKです~)にメッセージいただくか、

ロフトA予約ページ
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/reservation/reservation.php?show_number=730
ローソンチケット【L:33560】

にて承っております!



----------------------------------

「花と花~団鬼六を偲ぶ夜~」

出演:
花房観音(第一回団鬼六賞大賞受賞)
深志美由紀(同優秀作受賞)

特別ゲスト:
大賀麻郎(5000人を抱いた伝説のAV男優)

会場:
阿佐ヶ谷Loft/A
http://www.loft-prj.co.jp/lofta/

日時:
2011/09/22 開場18:30 開演19:30

チケット:
前売¥1500 当日¥1600
(ドリンク別)

----------------------------------


花房さんの大阪のイベントは大盛況だったので、東京ではわたくしが頑張らなくっちゃいけません。

一人でも多くの方にお越しいただけたらうれしい!


ぜひぜひご予約、よろしくおねがいいたします~~~~m(_ _)m

| ブログ | 10:56 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

官能女子会


CabaretM1-オストレア




というわけで、今日は自慢日記だよっ!!

昨日は女流官能作家の松崎詩織さんとお会いしてきました。


松崎さんとは鬼六賞の授賞式でお会いして以来!
場所は、詩織さん行きつけのオイスターバー、オストレア銀座店。
http://www.ostrea.jp/index.shtml

ちょおおおお、ハイソでアッパーな香りがするうううううう!!!

本当はお着物で行きたかったのですが、豪雨で家の前の道路が川になってしまっていたので、断念しました。


さてこのオイスターバー、私は初めてお邪魔したお店なんですが、牡蠣の美味しいこと美味しいこと……!
いや、なんか、これが牡蠣なら私が今まで食べていたものはなんだったのっ!?っていう感じの味でした。
とろぉりクリーミーでぷりぷりで……
こんな至上の牡蠣があるなんてハート達(複数ハート)
さすが、詩織さんが「東京で一番美味しいオイスターバー」と仰っているだけあります。

さらにお薦めのワインもするすると入る美味しさで、ちょっと良い感じに酔ってきて、濃厚な牡蠣を食べつつ真面目に官能談義……って、なんだかとっても官能的だなあ。
でも、こんな上品なお店で周りの人に話題を聞かれたらちょっと恥ずかしいわと照れちゃったりもしました。


ちょっと真面目な話、実を言うと、私は詩織さんの小説を読んで「ああ!ここに私の書きたいモノの理想形がある!」と思ったんですよね。
「物語と官能」の落としどころというか、融合のさせかたがとても上手というか。物語がちゃんと官能で進みながら、テーマもきちんとしていて。
私もこういう感じでしっかり書けたらいいなあ、と憧れるかたちがそこにあった。
ので、そのあたりのことなどを、真剣にうかがわせていただいちゃいました。
すーーごく楽しかった!!!
詩織さんは人間的にも深みのある女性で、まだまだ話したりない!というかんじでございました。

ちゃんと、本にサインもいただきましたよぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

(私もさせていただいたんですが、ちょっと、まだサマにならないの……もうちょっとがんばりたい。どうがんばればいいんだ。うう。)


二次会は六本木、まったり楽しく飲みました♪


いやあ、それにしても結構飲んだなあ。
嬉しい事に詩織さんも大いに飲んで酔われるかたで、心を許せる、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました。

たのしかった~~

| ブログ | 18:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豪雨

CabaretM1-110826_165016.JPG

畑と道路が繋がって川になっている…!

足にスーパーの袋被せて出掛けたぜ!!

| もばいる | 18:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

熟女パブのおもひで

さてやっと裁判も終わり、ブログに自由なことが書けるようになったのでちょいちょい長文日記でも書いてゆこうかと思います。



今日は自分の備忘録も兼ねて、熟女パブの話。


私は今の夫と結婚してしばらく、水商売で夫を養っていたのでありますが、最初はキャバクラにつとめておりました。

しかし年齢が30に近づいてきて、さすがにちょっとキツくなってきた。


で、流れ流れてけっきょく熟女パブとゆー場所に落ち着いたんですね。



いやあ。

そんで、これがもうすんごいイイお店だったんですよ。


実は私、それまで熟女パブにあんまり良いイメージがなかった。

昔一度、別のお店に体験入店してみたことがあったんですが、なんかそこはお客さんが乱暴というか、「熟女なんだからやらせてくれんでしょ~」みたいなイメージだったんですよね。


でもそのお店は違った。

まあ値段設定が安いせいもあると思うけど、まずお客さんがみんないい人。態度が良いし紳士である。

というのはお店のお姐さんの教育が良いってことなんですが。


それもそのはずで、その店は、まず熟女度合いが以前体験入店したお店とは全然違うのです。

あんま良くないお店は、やっぱし30代くらいの、「ちょっとキャバきついです」くらいの年齢のおねーちゃんが主流だったのね。見た目も「歳行ったギャル」みたいなん。ということは、お客さんから見ると「レベルの下がったキャバクラ」でしかない。

そうなるとお客さんのキャストへの扱いも安っぽいものになるわけです。「トウが立ったネーチャンで飲みに来てやってんだ」感が出るのよね。


ところがそのお店にはばんばん40代、はては60代くらいまでのおねーさんがわんさといるわけですよ。

喋りもうまい、物腰穏やかな、見るからに「酸いも甘いも噛み分けました」というお姐さんたちが、時には慰め、時には叱りしつつ、暖かく、優しくお客さんを癒してくれる。お値段も安い。

これはもうキャバクラとは一線を画しているわけです。


お店にはボトルの種類があんまりなくて、その代わりお姐さん達は自分の虎の子マイ一升瓶を店に持ち込み、指名のお客さんが来るとそれを一緒に呑む。

時には一日煮込んだ牛筋やらの手料理を持ち込んで、自分のお客さんに振舞う。

もう、お店の中で小さな飲み屋が展開されているようなものです。

で、ここの凄いところは、常連さんは時間内ならお姐さんを連れてちょっと近所の店に飲みに行くのも可能ってところ。

もちろん別の指名が入れば連れ戻されるわけですが、外でカラオケしたり立ち飲みで一杯引っ掛けたりと、お客さんは飽きずに長い時間存分に楽しんでらっしゃいました。

ホステスが上手にお客さんを楽しませて、御しているから、お客さんも礼儀正しくなるわけですねー。



今も同じシステムかは分からないけれども、随分自由で、楽しいお店だったとおもう。

お姐さんたちものびのびしてて、皆いい人ばかりだった。

私が夜勤めに出てる間に夫がおイタをするということがわかったので泣く泣く辞めたのですが、このお店だけは、機会があったらまた働きたいなーと思っています。


なにしろ60代、定年まで働けるんだから凄いことです。



……うーん、働きたくなってきた!

離婚したら絶対戻ろうっと……。



| ブログ | 12:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もんじゃ

CabaretM1-110822_135210.JPG

昨日はあまりにもんじゃ焼きが食べたくて、とうとう一人もんじゃしてしまいました。

しっかりビール飲みつつ、お仕事お仕事……。


もんじゃ焼きってそんなにすごく美味しいものではないんだけど、たまに無性に食べたくなる!

ただしあくまで酒のつまみ。

| もばいる | 19:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

冷やし中華はじめました

CabaretM1-110819_210821.JPG

家事にうんざりしてたら夫が冷やし中華を作ってくれました

美味しい
悔しい…

| もばいる | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かんのう。

CabaretM1-110820_182253.JPG

というわけで、印税の有効利用!

お知り合いになった新進気鋭の官能作家のみなさまの御本を一気に買わせていただきました。


ガツガツ読むよ~!!

自分の勉強もあるんだけど、主に女性向けの携帯官能サイトなんかを始めたので、その中で、「女子のための官能小説」としてひとつひとつじっくり紹介させていただくつもりです。

たぶんね、
官能小説の市場とゆーのは、団塊世代の男性ばかりでなく、若い女性へと移り変わりつつあるのではないかと、私は思うのです。

女流作家さんがどんどんデビューしているのもその証拠なんじゃないかなーと。

でもまだ、「本を買う」文化は根付いてないと思うのね。
これ、広がったら素晴らしいことなんではないかしら!?


というわけで、率先して読みながら皆さんに紹介してゆきたいと思います。
できたら、若い世代の男の子にも広がったらもっと良いけどね。
最近の男の子は性的に元気がないからなあ。


| もばいる | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「花と蛇」と奇人

CabaretM1-110820_160126.JPG


団鬼六先生の、「花と蛇と奇人」読了です。

実は【官能小説】以外の団先生の小説やエッセイを読むのは初めてで、なんというかいろいろふくざつなアレがあって気安く感想を言うのは憚られるところなのですが、純粋に、実に、面白かった!

団先生が「花と蛇」を通して出会ったいろいろな性倒錯者とのエピソードを連ねた作品で、多分再発行されたものだと思うのですが、今読んでも驚いたり感心したり、この時代にいきたかったなあと羨ましく思ったりするすてきな本でした。

(鞄に入れている間に台風にあってちょっとふやけてしまいました……トホホ)



団先生というのは、性を通して「人間」を見詰めていらしたのだなあと思います。


私が団鬼六作品を今読みたくないと思うのは、本当は、団鬼六賞に応募する前にできるだけ読んでおくべきだったと思うからです。

そしてお会いできたあの一度の機会に、それをお話をしたかった。
あの時はまだ次にお会いできる機会があると、図々しくもそう思っていました。

でもそれができなかったのでもう読みたくない。なぜなら今から識れば必ず後悔するからと、そう思って今まで読めずにいたのでした。


やはり今私はとても後悔しています。
もっと若いうちにたくさん先生の作品を拝読して、幸運すぎるただ一度の機会を逃すべきじゃなかったと、正直涙が出ます。


でもこれからは読む。
今は一冊でも多く先生の遺した御本を読もうと思っています。

そのたびに、きっと後悔は深くなるでしょう。

悔しいなあ。
でも、この口惜しさからは逃げちゃだめだと、思うのです。



| もばいる | 16:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

えんげい

CabaretM1-110818_102426.JPG

植物を育てるのは苦手です。

何年も適当に水をあげるだけでもりもり育っていたワイルドストロベリーが、この夏とうとう枯れました。


なんてこったいベイベー。
家具で玄関の日当たりが悪くなったからクーラーのある部屋に入れたのがいけなかったのか…?


なんとか生き返って欲しいですが、無理かなあ。
一応外の日陰に出して水だけはあげてみよう…。


で、めげずに、写真は100均で買ってきた幸福の葉なる植物。
なんか芽が伸びてきたのでこのあとひとつ植え替えてみたけど、根付くかなあ?

| もばいる | 15:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うさうさ

CabaretM1-110817_202659.JPG

お友達の漫画家やなもとあいさちゃんの新刊、「うさぎの飼育観察レポート」(誠文堂新光社)を読みました。

「うさぎの時間」にて連載された四コマ漫画を元に、なんともいとおしいうさぎの豆千代とあいさちゃんご夫婦の暮らしが一冊にまとめられています。


最後まで読んで、私は泣いたよ!!
ていうか三回くらい読んで三回泣いたよ!!!


とってもとっても良い本でした。

正直うさぎが飼いたくなった……!
でもやっぱりちょっと覚悟がいるな。

ペットは家族なんだもんね。
命を引き受けるというのは大変なことだなあと改めて思いました。


うさぎに限らず小さな命と一緒に暮らしている方には、ぜひ読んで頂きたい一冊です。

| もばいる | 20:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チキンタツタ

CabaretM1-110816_111210.JPG

これだけは大好き!

マックのチキンタツタ。
絶対食べなくちゃ♪というわけでマクドナルドに来ましたら、向こうの席でおっさんによる青年への熱心なニュービジネスの勧誘が行われていた。
「君は何のために生きてるの!?努力を厭うたらダメだよっ!」
「確かに最初お金は掛かるけどあとから見たら絶対得なんだから…」

あまりに面白いのでおっさんをニヨニヨ眺めながら近くの席に移動したら気まずそうに帰ってしまった…


営業妨害したかしら。
悪かったわ。



チキンタツタ美味しゅうございました。

| もばいる | 13:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

性ノン講座

昨日はいよいよの性ノンフィクション・官能小説講座でした。

お会いできた皆様、聞いてくださった皆様、どうもありがとうございました!



はああ~~、緊張した!

途中何度も、自分が何を喋っているのかわからなくなってしまいました。


一応原稿を作っていったのですが、目が滑ってどこを読むのか分からなくなったりして……

それでもなんとか終えることができました。

不安なときは睦月先生と蒼井凜花さんの顔を見て心を落ち着けつつ……(笑)。


内容は、私は小説についても官能についても語れるような知識や実績がないので、唯一の自著「花鳥籠」に関する失敗やダメ出し、それに対してどういう姿勢で直しをしたかというようなことを中心に話をさせていただきました。

あまりうまく説明できませんでしたが、とにかく、たくさん直したことだけは……分かっていただけたらいいなみたいな……

とにかく、失敗は恐れずに、ダメだしこそステップアップだぜっ!みたいなことが言いたかったのですが言えてなかったかもしれません。えへ……お喋りむつかしいお……。


それにしても声を出すとだんだんハイになってゆくものですね!節電で部屋もかなりの熱気がこもってきて、頭にも血がのぼり、途中、ふわ~っと気持ちよくなってきたのがあぶないと思いました。



そしてそんな感じで気持ちよく、団鬼六賞についてもだいぶん赤裸々に語っておりましたところ、おそらく見ていられなくなった「悦」の松村編集長が突如前に出て上手にフォローをしてくださいましてうまく最後も締まりました。って自分の力じゃないじゃん!(笑)


いや、すみません。どうもありがとうございます。皆様に支えられて生きているわたくしです。



なにより受講者のみなさんの温かい視線と、積極的に参加してくださる姿勢にもずいぶん救われて、ほんとうにとてもたのしくお話させていただくことができました。


どうもありがとうございました。




わたくしのような海のものとも山のものとも知れぬ新参者に貴重なお時間を任せていただけて、サンケイスポーツさまのお心の広さには頭が下がるばかりです。

このような機会は滅多に得られるものではなく、とても良い経験になりました。

サンケイスポーツの皆様、そしてなにより睦月影郎先生、ほんとうにどうもありがとうございました。


感謝感謝の一日でした。


たのしかったよ!





……と自分のことばなりでなく、感想も少し。

忘れてはならない最後の大トリ、館先生の講座は間違いナシの面白さでこれまた勉強になりました。

ああ~そんなふうに物語が組み立てられてゆくのか……とか、あの話の裏にそんなことが……感心しきり……だったのですが、これ、言ってもいいのかちょっとわからないのでぼかしますが、とにかくアシスタントさんに目を奪われて正直半分くらい講義が頭に入ってこなかったんだっ!!


興奮しました。


今年は講師と言うことでこんな素晴らしい講座を見学(4回中3回いけた!全部行きたかった!)できてほんとうによかったと、最後の最後まで思わずにはいられない素晴らしい講義でした……。


来年からは私も生徒で必ずお邪魔します。また来年、みなさまお会いいたしましょう!






| ブログ | 07:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネ申

CabaretM1-110812_102107.JPG

神フランク。
全長…忘れた…

昨日はコミケ。朝から印刷所に寄ってチラシとポスターを受け取ってきました。
で、国際展示場駅前のサンクスで売ってた神フランク♪

暑かった…。


そんなわけで本日はいよいよ官能講座です!

お会いできる皆さま、よろしくお願いいたします~!!

| もばいる | 07:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いやいやいや

CabaretM1-091113_120140.JPG

乗ってないだろ!
乗ってるの!?


今日はあんまり時間がなかったのですが、お話をふたつ考えました。

なんで昼仕事しているときほどアイデアが浮かぶのでしょうか…
机に向かうと思い付かないのに。

あとお風呂もネタの降りてくるポイントです。特に頭を洗っているときがイイ!
外部からの刺激で活性化するんでしょうか?


今日は官能講座の最終チェックもしたし、プロット的なモノも書きました。
うーん、いつもこれくらいヤル気があると良いんだけどな~。

| もばいる | 21:23 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大火事

昨日は、大火事の夢を見たのです。

実家の周辺が更地になってしまうほどの燃え上がる火事。
実家はギリギリ火を免れて…でも放水で水浸し、みたいな夢でした。


怖い夢だけど、夢判断的には事態が好転する、問題が解決する良い夢なんだって!!

その通り、まさに今日、一年以上私を悩ませた問題が解決しました。

あああああ~~~良かった!
スッキリ!!

これでブログもツイッターも気にせず自由に書けるよ~~~!

涙……


詳しくはまたそのうちに、どこかで話す日が来ると思いますが…
ひとまず今日は祝杯♪

| もばいる | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ダンサーインザダーク

CabaretM1-110809_193537.JPG

ううう、先日久々に観てしまった、ダンサーインザダーク……。

な、泣いた…何度見ても泣ける…。

五回めくらいでちょっと冷静に考えたけど、これはあれだよね。セルマを愛してる人がたくさんいるから、余計に泣けるんだよね……。

ビョークはほんとに素晴らしいなあ。

有名な映画ですが、観たことないかたはぜひ。

ああ、お陰で数日ナーバスになってしまった。
でもいとおしい映画なんだよなあ。

| もばいる | 19:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ドラジェ

CabaretM1-110808_190644.JPG

この間の結婚式で貰ったドラジェが可愛い♪

勿体なくて食べれない…でも食べなくちゃ。


今日は暑い一日でしたねえ。
ついつい、家から一歩も出ずに過ごしてしまいました。

…ヤバい。
そんでカレーとか食べてんだから…太るよ…!


夏に食欲がなくなる人が羨ましいです。

で、今日は昨日から始めたケータイ小説サイトと一日中格闘していました。

私、咄嗟の集中力は凄いんだけど、根気がなくて続かないのよねえ……。

ちょっとづつでも毎日の更新、頑張らねば。
目指せ一番……とにかく無料でも一番になればなんかしら誰かの目に付くハズなのだっ。

お金になる仕事もほどほどに頑張っています。
雑誌掲載とか…

詳細出たらまた、告知いたします~


| もばいる | 19:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

官能講座第三回。

さてさて、昨日はいよいよ性ノンフィクション・官能小説の書き方講座の第三回にお邪魔して参りました。


講師は内藤みかさん、高橋源一郎さん。



第一回目とはまたガラっと違った講義内容で、とってもとっても面白かったです!

なにより、一部の内藤みかさんの講義には唸りました。


素晴らしい。内藤さんはなんて頭の良い女性なのだろう!


時代を見据える目と、先見のセンス。それをしっかりと計算してモノにしてゆく実行力。

自分と言う商品を上手に売り込むにはどうしたらいいか、ということをすっかり学ばせていただきました。

すげえなあ。

主に、SNSなどを使った営業のしかた、などのお話でした。

いや、ほんとに凄かった。

感動しました。



二部の高橋さんのお話は、官能講座、というよりはまるでトークショウでも観に来ているような面白さでした。

さすが講義なれしていらっしゃるというか、表情なんかでぐぐっと引き込まれる感じもしました。

AVの話がとても興味深かった……

「官能はもう一度原点に戻るべきなのかも」というようなお話でしたが、頷けました。


あとみんなの「ウソみたいなホントの話」が面白すぎた!

皆さんいろいろ経験していらっしゃるのだなあ。




懇親会では、ちょっと脱水気味だった乾いた身体にするするとビールが入ってしまって、ダメな領域まで酔ってしまったので反省しました。

油断してたわ……

外ではあんなに酔ったらいけないです。来週は重々気をつけよう。


そもそも、元が場末のホステスだから飲むとたいへん下品になるのです。朝になって、軽く穴があったら入りたい気持ちになりました。

せっかく着物でキメたのに、酒にだらしのない性格がバレてしまった。

アル中診断はかなりの割合で陽性……

みなさん、ごめんなさいませ。

まあたぶん大物は心の広いかたばかりに違いないので、わたくしのようなド新人の痴態などお気に止めず、きっと許してくださるでしょう……と思いたい……。





さて、そして昨日の内藤さんの話を自分なりに考えて、とにかく見てくれる人を増やそう!と思い立ちました。

ブログでもHPでも、とにかく「深志美由紀」という名前を知っている人を一人でも増やしたいなと。


そんなわけで、無料ケータイ小説サイトを始めました。

http://86.xmbs.jp/angelus-10568-bo.php?guid=on&uni=1


ちまちま更新して、めでたく一日でファン登録が100人を越えたよー!

今のところ、昔のケータイサイトに載せていたふるい小説ばなりですが、近々新作も書いて毎日のUPを心がけようと思います。

有料にするべきかなとも考えたのですが、まずとにかく人目に触れることが目標なので無料サイトにしてみました。



目指せジャンルで一番♪

とりあえず一ヶ月で100位以内を目指します。


アタマ、とったるでえ!



それにしてもケータイサイトって凄い無体なんですね、著作権を作者に渡さないところがほとんどなの!

びっくりしちゃった。

そんなところではさすがに書けないので、利用規約はしっかり読みました。




さていよいよ来週は講師です。

準備は結構、万端で頑張りました。

精一杯努めますので、よろしくおねがいします。

予約をしていない方はぜひ今からでも!



| ブログ | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ただのにっき

CabaretM1-110705_085451.JPG

滑り込みで日記…滑り込めているか?

先日の撮影で授業みたいの撮ったらえらい悪夢であった。

学生には二度と戻りたくない…でもたまにいまだにテストの夢とか見ちゃうよね。

| もばいる | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恐怖コミック

CabaretM1-110804_201842.JPG

このラインナップは買うしかないでしょう!!

なんて豪華な…!


個人的には御茶漬海苔さんは惨劇館が読みたかった…けどあれはハロウィンだったか?
いや、でも犬木さんのプレゼントがあるし……

犬木さんの漫画で一番最初に読んだのは夕暮れ時に交通事故で死んだ女の子が自分の家を探して彷徨うやつ。
懐かしいなあ~~

さらに手塚治虫の珍しいホラーから鉄板の伊藤潤二、エコエコアザラク、犬神博士、夢幻外伝ときたらもう…!
垂涎とはこのことですよ!!

ええもん買ったわ……。

| もばいる | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

蝉注意

CabaretM1-110803_094752.JPG

抜け殻発見!

おりしもしょこたんの抜け殻ヘアーを見たあとでたいへん感慨深かったです。

つーかまつげには付けらんねーよ!こわ…。


去年は蝉に当たり屋もされました。

蝉、怖いけど頑張れよ。

| もばいる | 15:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

不思議な話

CabaretM1-110801_194929.JPG




夏なので、京都にからんだ不思議な話。の続き。



京都は今の父の実家で、父の兄弟に、ちょっと資産家のおうちがあるのです。

つまり結構お金持ち…おうちに剥製部屋があったりする……。


で、子供の頃姉妹だけでそこに泊めてもらったことがあるのですが。



そのおうちは結構、家中にずらーっと仏像やら大黒さんやらのありがたい彫刻とかが飾ってあって、毎日きれいに磨かれて話しかけられてたりするのね。

ふつうそういうのがたくさんあると場がごちゃごちゃしたイメージですが、なにしろおうちが広くてきれいでちゃんとお手入れされてるもんだからただ高級感だけが漂っております。

で、そのうちには座敷童がいるとまことしやかに囁かれているという……。


とにかくなんかありがたい家なんですよ。



で、そのおうちに泊まった夜。

今から二十年以上前です。


深夜ふと目覚めると、なにやら、小さな音で遠く宴会が行われているのが聞こえました。

イメージとしては、本人達はどんちゃん騒ぎで騒いでいるんだけど、音源全体のボリュームをぎゅーっと絞った感じ。

微かに、でもはっきりと。

隣の部屋で小さくラジオでも聞いてるみたいに。


楽しそうな酒席です。

男の人たちの騒ぎ声に、女性が一人。彼女が時折、高くてきれいな声で歌うと場はさらに盛り上がります。


目を開くと近くに電子時計があって、深夜の0時頃でした。



そこからそのどんちゃん騒ぎを聞きながら、うつらうつら……

ふと目を開けると数時間後。

まだ宴会は続いています。


時計を確認すると、確かに数時間たっています。


これはおかしい、と私は思いました。

最初は隣の部屋でラジオでも聞いているのかと思ったんですが、それにしては内容があまりに無意味です。

アナウンスも司会もなく、ただ宴席。何を喋っているかは分かりません。

ただ楽しそうに、宴は続いています。時折美しいソプラノで女性が歌います。


家族ではありえません。その家に、その時大人は二人だけ。

隣の家の音が聞こえているような遠さでもありません。空間の距離は感じないのです。

まるですぐそばの枕元で、小さな人たちが騒いでいるような……そんな感じ。


私はちょっと怖くなりました。

絶対に夢ではないと、寝返りを打ちながら何度も確認しました。


眠れず、それでもうつらうつらしながら、目覚めるたびに時計を観ました。

時間のたつのがとても遅かった。

十分後、三十分後、一時間後、何度起きても小さく賑やかな声が聞こえます。

いくらラジオだって、テレビだって、こんなに長く同じ番組を流しているわけがありません。

それに何かの放送にしてはあまりに意味がないのです。ただ、まとまりなく人々が騒いでいるだけなんだから。



結局空の明るくなってきた朝の5時頃まで、宴会は続いたのです。

そこで一度深く寝入ってしまい、目が覚めるとすっかり日が昇って、部屋はしんと静かになっていました。



起き上がって枕元をふと見ると、床の間に、宝船が飾ってありました。

七福神には女神様が一人。


こりゃ出来すぎだろ、と幼心に苦笑いしたのを覚えています。




で、今回そこの伯母ちゃんに久々に会って、その話をしてみたのね。

そしたらおばさん、にやりと笑って、「いや、あるかもしれんなあ。ウチの嫁もそんなん聞いた言うてたわ」だって。


未だに、そのおうちには神様がいるのかもしれないなあと、ちょっと本気で思ってる。




ちょっと不思議なお話でした。

そんなに怖くはなかったんだけどね。絶対夢じゃないって、何度も確認したのだけは凄く覚えてるんだよなあ。



ちなみにその時、剥製部屋やら観光やらで24枚くらいのスナップ写真を撮ってもらったのですが、「現像して神奈川に送るね~」と言われて待つこと一ヶ月。

全ての写真がA4以上のパネルになって送られてきたのが一番べっくらこいたよ!!


お、お金持ちってすごい。(結局それが感想かw)




| ブログ | 19:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |