FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

ふしぎなはなし。

昨日、母から不思議な話を聞きました。



父は工事関係の職についているのですが、数日前、走行中のゆんぼに乗り込もうとしたところ(つーか危ないよ)、バランスを崩してしまったそうな。


ゆんぼって車高が高いから、間近の下って多分見え難いんですよね。灯台下暗しというか。


で、地面に降りてしまったんだけど、手が滑った瞬間、突然父の腕に嵌めていた数珠の糸が切れて、バラバラっと石が車体に当たったんだそうです。

それで、気付かず走行していた運転手さんが気付いて慌てて車を停めてくれ、あわやあと一歩というところで父の足を轢かずに済んだのだとか。


ちなみにその数珠、ちょっと前に母が初めて自分で組んで父に贈ったものだったんだって。



「轢かれてたら最悪足を切断していたかもしれない」と父は言っていて、母は「私がお父さんを守ったのよ♪」とうれしそうでした。



石は全部拾って、塩と一緒に神棚にあげてお清めしてるんだってさー。



まあ私は「滑った拍子にどっかに糸引っ掛けたんじゃないの~」と思ったのですが、まあそれじゃロマンがないしな!

偶然、良かった話には違いない。



母が張り切って私にも数珠を組んでくれると言っているので、できあがったらありがたくいただこうと思います(笑)。


| ブログ | 22:29 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サイケ

CabaretM1-111026_091950.JPG

きのこ……

昼仕事の職場から見える位置に毎日売ってて……

とうとう買ってしまった。

風邪でぼんやりしてきたからなんだかサイケに見えるぜ。

かわいいなあきのこ……好き……きのこ……的な何かみたいな………。

あっ、幻覚が!

| もばいる | 19:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

風邪…

CabaretM1-111025_203342.JPG

ヤバい。

完全に風邪の引き始め。


最近夜寝る時は暑くて半袖で寝ちゃうんだけど、朝は寒いってことが多かったからなあ……。

私はいつも喉から入るので、ヨウ素の直塗りが一番効きます。

最初に喉が痛い一日めがだいじ!!

というわけで早速のどぬーるを買ってきました。
ちなみにのどぬーるはスプレーじゃだめなのよ、直塗りよ。
塗る場所は扁桃腺のあたりと喉ちんこのうら、鼻と繋がってる部品!

オエッとなっても頑張って塗る~~。

あとはビタミンBを摂って、早く寝ましょう…。

おやすみなさい。

| もばいる | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

中華街

CabaretM1-111023_182705.JPG

今日は中華街で打ち合わせ~♪

| もばいる | 18:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山羊に聞く?

おおお、ちょっと差し迫った作業をしていたらうっかり更新を忘れてしまいました。

元気です、家から出る暇がありません。どうも。


えーと差し迫った作業とはまた別のソレなんですが、11月7日に、代官山「山羊に、聞く?」というイベントスペースでイベントに出演させてただくことになりました。



-----------------------------------------------------------


「濡れる官能小説」実践講座

http://yagiii.com/?p=2277


2011年11月7日

前売り¥3000/当日¥3500

イベント後飲み放題懇親会/¥2000


出演/深志美由紀、松村由貴


巷で騒がれている、「電子書籍」。ガラケー、スマホ、専用機…。で一番
読まれているジャンルは? そう、官能小説なのですよ。しかも、読者は
女性が7割とも8割とも言われています。
TL、BLの閉ざされた快楽から、リアルな快感へ女性が目覚め始めてい
ます。キレイになるためでも、痩せるためでもなく、おおらかに、素直に、
SEXを愉しんでいるのです。いままでは男のためにあった官能小説
を女性視点で読み、描き出すことに挑戦してみませんか。


-----------------------------------------------------------



というイベントでございまして、あの、官能小説の書き方!なんていうとわたくしなどではとうてい役不足だとは思うのですが、なんたって「女性のための官能講座」ということで……女性枠で参加させていただきます(笑)。

「悦」編集長の松村(宇宙人オナニー)由貴氏と一緒に、官能小説について真面目に考えてみたいと思います。


というかね、まあ、私はそんなに参考になるようなこと言えないんですが、なにしろ松村編集長はその道のプロ中のプロでらっしゃるのでたいへんためになるお話が聞けるのではないかと思います(というかぶっちゃけそっちがメインだどう考えても)。

だって皆様のお目に留まっている私の原稿はぜんぶ編集長が直しているのですもの……。厳しいよ!!

それはもう、直しても直してもなかなかOKが出なくてもう……orz


というわけで、私もじっくり勉強させていただくつもりで参ります!

一緒に呑んだくれつつ学ぼうではないですか!!


……というのもまああれなんで、プラスいろいろ、なにしろ去年までは一般人だったわたくし、官能作家初心者が覗き見た驚きの官能の世界についてのお話なんかができたらなと思っております。



最近ちまたでは女流官能作家がとにかくアツいというわけで、官能作家を目指す貴女はぜひぜひ遊びにいらしてくださいまし!

※もちろん男性にいらしていただいてもよろしゅうございます。








「山羊に、聞く?」 

http://yagiii.com/


山羊に聞く?って面白い名前のお店だな!

| ブログ | 12:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ネガポジ。

最近いっこ気がついたことがあるんですよね。



わたし、とても物忘れが激しい。


というか気まぐれなのか?


まあ誰でもそうだと思いますが、気分が上がったり下がったりするじゃない。




でね、こう、インターネット上には下がったことはなるべく書かないようにしてるんです。

まあ単純に、読み物として面白くないからなんだけど。

暗いことを上手に書ける人はそれが最高のエンタメになったりするんだけど、私そっちはあんまり上手じゃないので。


悲しいことももちろん書くんだけど、一度寝かせて消化して、客観的に見れるようになってから書くことが多いかな。



そしたらねー


落ち込んだことは、すぐに忘れるの。



なんか、たぶんだけど、

書き留めてしまうと、記憶に強く残ってしまうみたい。


切なかったり、哀しかったり、そういうこと感情を昔は書き留めて悦に浸っていたりもしたんだけれども、それっていつまでも覚えてるんですよね。

(ハタチそこそこの時はネガ系女流ネット詩人を目指していたのだ、痛たたたたた)


でも最近は、結構覚えてない。


ぐずぐず泣いて、一晩たったらケロっと忘れてることが多い。




逆にうれしいことなんかは書き留めとくことにしてるんですが、そうするとアラ不思議、自分がとってもポジティブで明るい人間になれたみたいです。


で、やっぱりそれは覚えてるんだなあ。



多分「言葉に書き留める」ということは凄くパワーがあることなんだと思います。



いつでもポジティブでいる必要はまったくないし、ネガティブな感情こそが自分を成長させてくれる糧だったりすると思うんですが、落ちたときにソレを即効で垂れ流してしまうのはもしかしたらやめたほうがいいのかもしれません。

ぶっちゃけ文章のプロならそれを手の平で玩んで自分のものにすることができるのですが、そうじゃなかったら、引き摺られてしまうことのほうが多分多いのではないかと思います。



ただし、怒ったことは書いておいたほうがいいです。

怒りは溜め込んではいけない。


哀しみや切なさは、書いたらそのときは気持ちいいし

というか自分を哀れむのは基本的に気持ちのいいことなので、それ、書いて読み返すと快感のループにハマっちゃうんですよね。


でもあんまりそれっていいことではない(自覚して楽しめるならべつだけど)。



だから、あんまり、自分をかわいがるようなことはインターネットに書かないほうがいいのではないか、と思ったりする昨今なのです。



私は悲しいことはあんまり覚えていたくないから書かない!



そして人にも話さない。


自分の感情なんか所詮自分の脳内にだけあるものなんですもの。

はんすうしなければ、そのうちわすれてしまうのだ。





| ブログ | 23:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「きもの」

さて先日の幸田文さんの「きもの」という小説についての日記の続きです。



「きもの」は明治大正昭和にまたがって一人の「女性」がきものを通して生活をおくり、成長してゆく姿が描かれた小説です。


この、いわゆる「きもの」が普段着であったころの上や知識がもう着物好きには堪らない作品なのですが、それだけでなく、古きよきエコの心や、細やかな心遣いなんかが勉強できて実にすてきな本なのです。




その中でも私が一番勉強になったのが、「贈り物」についての記述でした。


主人公の「るつ子」が、貧しい家の友人に必要な袴を使い古しの布で拵えて贈ろうというシーンがあって、そこで母と祖母に強く反対されるのです。

「意地わるよ、そんなの。和子さんとこ、貧乏で苦労してるんだから、あげれば助かるのよ。」

それに対して祖母がこたえるのは、「去年だかこしらえた、まだ新しい自分のセルがあるじゃないか。あれをあげたらどうだろう」

「だって、あんな新しいの、もったいないわ」

「もったいない――誰にもったいないの?何にもったいないの?」


その後るつ子が大人になって震災で焼け出されたところへ、お嫁に行った姉がお見舞いに、家族の着古した衣服を渡すシーンがあります。

そこでるつ子は怒って、「どうしてお父さんに古いものなどくれるの。浴衣がなければ、手拭いでいいじゃないの。清々しくてこそ、父へあげるべきもの、親への贈り物になるんだわ――」




ははー、なるほどな!と思いましたね。


どうでしょうこの、施す側と、施される側のこころの機微。



これ以来、私は、ひとさまに差し上げるものはよほどの事情がない限り新品で、と心がけるようになりました。


まあ、自分は着物とかは古いのいただいてもうれしいんですけどね!

着物関係のものって、今は作られていないものとか結構あるので、どうしてもアンティークのやり取りになっちゃうし。



そんなわけで「人にものを贈る」ということをよくよく考えさせられたワンシーンでございました。


人に何かあげるのって、とっても楽しいことですよね。

それが迷惑の押し付けにならないように気をつけたいものです。



| ブログ | 18:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベイビー

CabaretM1-111016_211128.JPG

今日は原稿の合間にサイバラ漫画を読んでしみじみ人生を考えた。

男は最初から役に立たなくて、女は一人で産んで育てて働くんだって。

なるほど、それはなんだかとっても健やかな気がします。


好きな男の子供は欲しい。
一晩貰えたら永遠にしてしまう。

とかそういうロマンも捨てがたいですが、それを差し置いても割りと産みたい、せっかくだから。


でもまあ遺伝子を残す代わりに小説なんかを書いているのだと言えないこともなく、またそう思い込めば意外と幸せなのかもしれない、と思わなくもない最近です。

確かに産むのはとても痛い。


まあきっと産むけどね。
子供も男もそのうち自分のものじゃなくなるから、裏切らないのは小説だけかもしれないなあ。

| もばいる | 21:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うーん

CabaretM1-111015_114106.JPG

ビーフシチューにご飯を盛るのはもしかしたら何かが違うかもしれない。
あるえ?

| もばいる | 20:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

がっちゃ

CabaretM1-111013_081808.JPG



朝からトイレの写真ですんません。


トイレのスリッパをガチャピンさんにしてみました。

ガチャピンさん、可愛いですよね。ムックも捨てがたいけどやっぱりガチャピンさん。

ムックは呼び捨てしちゃうけどガチャピンさんにはなんとなく「さん」を付けてしまいます、ガチャピンさん。



さて最近、実は、模様替えらしきことに凝っています。


というかいつも部屋が驚異的に汚いので、たまには掃除でもしてみるか。というついでに、玄関とかトイレとかを片付けてみた。というだけのことなんですが。


何しろ私はお部屋のインテリアというものにまっったく興味のない女。


自慢じゃないけど子供の頃から、部屋を飾るという努力を一切放棄してきました。

ほんとに自慢にならないよ!


机の上の汚い子供でした……。




まあそんなわけだったんですが、なんとなく最近、もろもろの関係でほぼ完全自炊を復活しまして(今までも自炊だけはしてた、貧乏だから。でもここ数ヶ月はサボってた。お金があったから)、そうしたらなんか家のことが気になってきたので一気にいろいろ変えてみました。


つーか百均てマジですごいんですね!!!!


なんでもあるじゃん!!!ww


収納具を買い、掃除具を買い、装飾品を買い、あれこれ買ってたら止まらなくなったよ……それでもほんの二千円くらい。

たまらんなーーー!!


すいません、世間の女子が15,6くらいで経験する感動を今更味わってしまいました。



ガチャピンさんは百円じゃなかったんだけどね。

大人なんで、ちゃんとしたとこでふつうの生活用品も買いました(笑)。




さてそれで、せっかく模様替えするんだからと風水なんかも調べてみちゃったりして、玄関に鏡置いたりしちゃったりして。カーテンの色変えちゃったりして。

あと観葉植物ね!

私、生まれて初めて観葉植物とか買ったよね!

(食えない植物は育てない主義)


いやあ、なんかがんばった。


夫に「……どうしたの、もうすぐ死んじゃうの?」ってびびられました。

今までどんだけ放置してたねん。ちょっと掃除しただけで死を予感させるほどか。そうかもしれない。

はっはっは。




そんなわけで~最近は~~

朝起きたらまず玄関(何年も掃いてなかった。箒なかったし)掃いてトイレ(越してきて初めて天井の蜘蛛の巣を取った)掃除して~~

その間にちゃんとコーヒーメーカーでコーヒーとか入れて~(買いっぱなしで台所の床に放置してたけど掃除して置く場所が出来た)


次に洗濯したりごはんつくったりしちゃうんだもんねえええええ!


すごい!すごいわたしったらすてきなおくさん!!




……いや、これでやっとごくふつう人並みちょっと(結構)以下ですよね。

わかってるんです。

すいません。


そして熱しやすく冷めやすいのでこれがいつまで続くかまったく自信がないのですが、


まあ、続けられるだけやってみようじゃないか、朝の掃除というやつを。

ちなみに居間は2週間くらい掃除機掛けてない気がするがキニシナイ。



…………毎日ちゃんと家事をする人ってえらいなあ。

ああおかあさん、おばあちゃん、あなたたちは偉かった。娘はその意思をまったく受け継がずに育ってしまいました。


そりゃ主婦の仕事を月給にしたら15万くらいにはなりますよ。ほんと。




はあ、でも人間、向き不向きがあるしな。

どうせすぐ朝の掃除とか飽きると思うけど、どちらかと言ったらすてきな奥さんよりも、家政婦さんを雇えるぐらいの稼ぎを出したいの、私。

がんばろう。




| ブログ | 08:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まんがびより

CabaretM1-111010_181048.JPG

今日買ってきた漫画!

「アイアムアヒーロー7」「きのう何食べた?5」「百鬼夜行抄12」


どれも面白うございました。

きのう何食べた?を読むと自炊がしたくなります。
今日ちょっとさぼってしまったから、明日は料理しよっと。

| もばいる | 18:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライブ

CabaretM1-111009_203332.JPG

今日はやっと事務作業そのいちが終了!

明日からの戦いの息抜きに、お友達の内藤響子さんのライブを観てきました。

響子さんとは同じボイストレーニングの先生を通して知り合わせて頂いた仲で、普段はご自分の歌を歌ってらっしゃるのですが、今日はジャニスナイトということで。
ジャニス・ジョップリンの命日に合わせて10年も続けているライブだそう。


いやああああかっこよかったねええええ!

なんか久々に凄く良い音楽を聞いたって感じが!!しました!!

響子さんのソウルフルな歌も心がひとつの演奏も素晴らしかった。


ほんというとジャニス・ジョップリンとか数曲しか知らないのですが、最後までがっつりノれました。
あつかったなあ!

ぶっちゃけ私のリアルな知り合いにおうたの上手い人はたくさんたくさんいるのですが、その中でも、彼女は群を抜いてダントツにかっこいいんです。
技術とソウルの両方を持ったヴォーカルさんで、私の憧れの女性です。


ちなみに響子さんは「ニュースZERO」のあのジングルを歌ってる人!
あのクールな「ゼロ~」の彼女はものっすごい情熱的なライブをするんだぜ!


ああ、良いものを聴いたなあ。
ほどほどにビールも回って、今日はよく眠れそうです♪

| もばいる | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

作業日

CabaretM1-111007_184521.JPG

あああ…

実はここ数日ほとんど家を出ずに某イベントの事務作業をしています~


日記を書く暇もない…

来週にはちょっと楽になってるはずだけどどうだろう?


今日はとうとう自炊もさぼってしまった。
が、明日はちゃんとする…!


取りあえず作業が果てしなくてつらい。
がんばる。

| もばいる | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きもの

CabaretM1-111005_111047.JPG



幸田文さんの「きもの」はお気に入りの小説です。


明治の終わりに東京で生まれた「るつ子」がさまざまな着物を通して「生活」を学んでいくという物語で、幸田さんの自伝的な作品だそうな。


今ではなかなか感じることが出来ない、季節の移り変わりと暮らしに密着した着物のあれこれがすてきな物語なのです。



学ぶことのたくさんある小説なのですが、なかでも、一番身に沁みたのが「贈り物について」のエピソードです。



……というところで、ちょいと用事があるので続きはまた明日。



着物っていいなあ。


| もばいる | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋の花

CabaretM1-111004_094702.JPG

道端で見付けた花です。

秋の花ってなんか、彼岸花みたいに、「あれっ、昨日まで何もなかったのに!?」みたいなところに突然咲く花が多い気がする。

この花も急に伸びてあっという間に咲いてしまいました。

可愛い!

吸い殻が写り混んでしまったのが残念だ…

| もばいる | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

南極料理人

昨日は「南極料理人」という映画を見ました。

凄い面白かった!

独特のゆっくりしたテンポで面白おかしく展開してゆく映画でした。

先週からちょっと自炊を心掛けているのでとても刺激を受けた!


ダイエットのためにもやっぱり自炊だよね~!

最近さんきろも増えたの……
飲み会が増えたせいだ!!

節約にもなるし。
頑張ります。

| もばいる | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きんもくせい

CabaretM1-111001_100114.JPG

ちょうど、昨日から金木犀の匂いがする!!

秋ですなあ。

きんもくせい大好き。
一軒家建てたら絶対に植えたい。


昔実家にもあったんだけど、リフォームのとき切っちゃったんだよね…お祖父ちゃんの金木犀。


| もばいる | 09:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |