FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

あなたはあたしを解き放つ

私にとって創作とは愛情への飢餓からくるのではないか、と思う。



はっきり言って、私はあまり人と上手に付き合えない。


思春期の頃はがっつりオタク的コミュ障のケがあったし、空気も読めない、おまけに沈黙恐怖症とでも言うか、会話のタイミングがうまくつかめなくて……なんと表現したらいいかよくわからないんだけど、つまり、恥ずかしい人間でした。

休み時間にずっと机に座って漫画を描いていたらば、先生に親が呼び出しをくらい、「美由紀ちゃんは友達が少ないです」と注意されるような少女だったのだ。

ちなみに既に当時中学生。


自我の芽生えが遅かったのかもしれません。

ちなみに、友達が少ないです、と言われても全然平気なほど突き抜けているかというと決してそうではなく、そう思われているということが非常に恥ずかしくてそれから割と努力をしたのだけど、その努力が人に気持ち悪く思われているのではないかと毎晩布団の中で後悔するので余計始末が悪かった。


物心ついたときから、いわゆる「女の子のグループ」というやつでははぐってしまうタイプでした。

(ちなみに、私の女の子のグループというやつにたいする恨みは非常に深い。大人になってせいせいしたことのナンバーワンである)

中学生までは教室の中にがんじがらめで、外の世界をほとんど知らなかったのでこのシステムはとても辛かった。

いや、辛いというか、居辛いというか。

まあそういう子、多いと思うんですけどね。特にオタクなんかやってるとさ。

高校生になったら、友達なんかいなくても彼氏さえいればその相手だけしてれば人目を気にせず済んで助かった。


で、まあサボりサボり高校卒業して、二度と学校なんか行くもんかっと思ってフリーター生活が始まったんだけど、工場やらキャバクラやら、やっぱり女の人生、女の集団からは抜けられないんだなあ。

でも工場でランチの恐怖に怯えるよりは、キャバクラで「全員敵」と火花を散らしている方がまだやりやすかったです。

水商売なら他人と距離があって一人でも当たり前、席でだけは誰とでも笑いあうけど決して心は許さない。行き過ぎた喧嘩をしたらさっさと辞める。そうして警戒しあううちに、だんだん、本当に仲良くできる友達も出来ました。

分かりやすい実力勝負の水商売は、私の対人恐怖とコミュ障をある程度癒してくれたと思う。相当の荒療治だったけど。


あ、でも、前にうっかり、店内み~んなお友達、メール交換しましょ♪みたいなスナックに入っちゃったときは心底キツかったなあ。

「美由紀はどうして他の子ともっと連絡取り合ったりできないの?右下矢印(絵文字付き)」みたいにママに怒られたりして……中学生かっ!

なんでわざわざ水商売やってんのに女の子仲良しごっこしなきゃいけないんだよっ!みたいな。

あれはストレスだった……。つらい。



まあそんなわけで、小中高とあわせても、私には友達が片手で足りるほどしかいなかった。

女同士の付き合いと言うものが、いまいちよくわからなかったのです。

(後述の理由により、今はだいぶ改善されてるんだけど)


ちなみに、これは今でもそうなんだけど、男性との関わりは恋愛以外に知りません。

ので、気安く食事なんかに行ける男友達はほぼゼロに等しい。

仕事で付き合ったり皆で遊んだりする分にはいいけど、個人的に、二人きりで出かけたり酒を飲んだら、接客するか口説く以外にどうしていいか正直分からないのです。

だって男の人はかわいい女の子と一緒にいたらそれだけで楽しいものだと思うけど、私、ほんっとに、ぜんっぜん可愛くないんだもん。特に性格が。だからっつって、女捨てて一緒にいられるっていうタイプでもないし。

どうしていいかわかんないの、マジで。友達として遊ぶったって女友達自体と、なんもなしでサシで会うことだって滅多にしないんだよ!もうどうしたらいいんだか。

どーしょもないな(笑)。




そんなわけで、人付き合いが苦手で、人に愛される自信がまったくない、一緒にいて面白いと思ってもらえるか不安で不安でしょうがない、皆にどうしても愛されたい、必要とされたい、好きになってほしくてたまらない。

そんな20歳の私が、愛情を得る手段として手にしたのが創作でした。

とにかく面白いものを書けば、「みんな」に好きになってもらえるんじゃないかと思った。何か形を残せば、手にすることができれば、誰かを惹き付けるほど輝くことができれば、人に愛してもらえるんじゃないかなって。


これはとても陳腐だけれど、切実な願いだった。


そんな気持ちを怨念のように捏ね、詰めに詰めて、同じように生き辛い女の子たちに空気を吸ってほしくて、搾り出すように書いたのが「あなたはあたしを解き放つ」という小説でした。

これが初めての投稿で、今読み返すとまだまだ未熟な作品ですが、おかげさまでコバルトノベル大賞の佳作を受賞することができました。



私は小説を書くことで少しの自信を持つことができて、それから、人との付き合い方も随分変える事ができたんじゃないかなと思います。


友達はたくさんたくさん増えたけど、いつでも誰かと一緒じゃなきゃいけないっていうのが間違いだってこと、ほんとうの足場には自分ひとりで立つものだっていうことを覚えた。

人に寄り掛かってばかりの人とは、友達になりたくないもんね。


今でも、ときどき怖くなることがあります。

分不相応に、通りかかるすべての人に愛されたい、必要とされたい、どうしようもなく無償の愛を得たいと願ってしまうことがある。


残念ながらまだまだ悟りきれていない私は、泣いたり媚びたりする代わりに、陳腐で切実な、俗悪な願いを篭めてペンを握るのです。

あなたに愛して、もらえますように。





↓本館
   フォローミー
 

| ブログ | 14:07 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 愛情飢餓

私の場合は会話や対話がなかった分心情を昇華するための手段として文章を書き始めたのがきっかけで、官能は「文学として官能読んだことのない女性でも読める」を目標に書くことになりました。
小説ってやっぱり誰かの心を代弁するものでなければならないってのが個人的心情で、面白いってよりもありがとうって言われるようなものが書けたら本当に作品としていいものなのかなと考えたりすることもあります。
人間なんて不器用なもの。
そんなもろもろの弱さが武器になるような場所を見つけたのなら、それを幸福と言うのではないか。
最近はそんな風に感じる瞬間があります。
応援してますよ。

| 貴美月カムイ | 2011/05/08 18:39 | URL | ≫ EDIT

2. 懐かしい

タイトルに反応しました(笑)
さきほど読み返してみました。
この作品を読んだとき、私は中学生で、
思春期らしくほどよく病んでおり、
生きづらかったなぁと思います。
そんなときこの作品と出会って、
背筋がしゃんとしたのを覚えています。
私の貧しいボキャブラリィでは上手く言い表せませんが、
どこへ向かって歩けばいいのか分からない私に、
ひとつの道を示してくれた光のようでした。
だからこそ今でも大事にとってあるのですが。
これからも是非、深志さんの作品を読んでいきたいです。
応援しております。

| 西海 ゆえ | 2011/05/08 21:42 | URL | ≫ EDIT

3. 創作の意味。

 村上龍先生のエッセイに、「小説家になって救われようとする女性」が出てきます。彼女たちは幼い頃父親に性的虐待を受けたのが理由なのですが、結果、やはりコミュニケーションの不全から創作に走るそうです。

 女性には女性独自のルール、例えば一人が席を外したら残った人同士でその女性の悪口を言う云々といったものがあって、それに乗っかれなければ自分の中にルールを、つまり自分の世界感を作ってしまうのがバランスを保つ方法なのかもしれません。

 もちろんそれは男も同じであって、会社組織に代表される共同体意識や、俺がおまえがの同属意識に違和感を覚えるアウトローは、自然とスポイルされることになります。誰のことかは言わずもながですが。

 他人とコミュニケーションがうまくとれない代償に自分の中に他者を作って動かすのは、むしろ健全な手法なのかもしれませんね。社会のすべてを恨んだり、自虐に走るよりはよほど。

 すべての創作はある種の欠落と、それを埋めることへの渇望から始まるのでしょうか。

 いずれにしろ僕たちはこの手法で世界と関わっていくしかありません。でもそこには、多数派には見えないキラキラした宝石がいっぱい転がっていると思うのです。
 それに気付くことができるもの書きという人種は、結構幸せ者じゃないんでしょうか。

| 瀬井隆 | 2011/05/08 21:51 | URL | ≫ EDIT

4. 無題

私にもそんな時期がもりもりあったよーw
他人となれ合えないけど他人を気にしすぎというか。
女子グループもほんとアホらしく感じながらもうまく入れない自分恥ずかしいあるある…

結局色んなものをすごく簡単に割り切れるようになってしまってからはとても楽に生きてますw
創作も最初は他人の評価をとても気にしてたけど今は全く…

みゆきさんとは色んな部分がとても似通ってていつも他人の気がしないけど、意外とこういうところは違ってるみたいでちょっと驚いたりとかw
私は自分が確立しすぎて他人がどうとかどうでもよくなりまんた\(^o^)/

| イザリナ | 2011/05/08 23:40 | URL | ≫ EDIT

5. Re:愛情飢餓

>貴美月カムイさん
ありがとうって言われたら最高ですね。
誰かの心をほんの少しでも浮上させることができるものが書けたら、どんな分野でも創作は成功だと思います。

私も応援しています!
お互い頑張りましょう。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/05/09 18:46 | URL | ≫ EDIT

6. Re:懐かしい

>西海 ゆえさん
ありがとうございます!
うわ~、今まだアレを持っている人って私とゆえさんくらいしかいないんじゃないかしら(笑)。
凄く嬉しいです。
中学生のゆえさんが呼吸をするお手伝いが少しでもできたなら、本当に救われます。私が。
ありがとうございます。
どうかこれからも読んでください。頑張ります。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/05/09 18:48 | URL | ≫ EDIT

7. Re:創作の意味。

>瀬井隆さん
あ~、村上龍さんの仰ること凄くわかる気がします。
もちろん女性に限らず、男性も、自分の中に世界を作り出すことでしか救われない人がいるのかもしれません。

ものを書くことができるというのは、その中でも一握りしかいないでしょう。
自分で言うのもなんですが、ぶっちゃけ幸せモノだなあと思います。
お互い頑張りましょう!

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/05/09 18:51 | URL | ≫ EDIT

8. Re:無題

>イザリナさん
いやあ、私ったら今も絶賛にいろいろと恥ずかしいのよ。
そう思うと、イザリナちゃんよりも全然悟れていないのかもしれない。
なんだろ、結局あんまし自信がないのよね。
でもまあ、満たされないからこそ書けるんだって言う説もあるから、自分はこのまま行くしかないのかしらって思うこともある。
生活に苦労してなかった時は創作意欲が全然なかったもんなー。(知ってると思うけど)

イザリナちゃんはほんとに強くなったね!
嬉しい、会いたいなあ。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/05/09 18:54 | URL | ≫ EDIT

9. 無題

読み進んでいくうちに、それまで忘れていたつもりも無いのですが、自分の学生時代のことが痛烈に思い出されました。
「~からの自由」「~への自由」…今となっては分かりませんが、当時の自分は今居るコミュニティから抜け出したいと考えていました。
その孤独感は自身の努力のみに依って、人生を切り開くしかなくなってしまい…
東京に来てからは、このままじゃいけないと日常生活で演技をするようになり…
本を読む時と、文字を書く時だけは、楽な自分でいられる様になりました。
何だか、勝手に親近感をもってごめんなさい。
それこそ、あなたに私は解き放たれたのかも知れません。
何かコメントを残したい気持ちになったもので…
これからのご活動も頑張って下さい。
応援させて頂きます。

| Aランチ | 2011/05/10 19:12 | URL | ≫ EDIT

10. Re:無題

>Aランチさん
初めまして、コメントありがとうございます。
親近感を持っていただけたらとっても嬉しい!

自分の孤独との付き合い方を若いうちに模索しておくのは、苦しいけれど、たいせつなことなんじゃないかなと思います。

本当の自由を得ようと思ったらそのぶん、責任と孤独に耐えなくてはいけないですものね。
正直いうと何かに属してしまったほうがらくちんだけど、不安に耐えた人だけが、きっと自由を手にすることが出来るんじゃないかなーとか。ああ、でもちょっと老後が不安です(笑)。

人生を切り開かれてきたのですね、とてもすてきです。

私も頑張ります、よかったらこれからもよろしくお願いします。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/05/11 07:49 | URL | ≫ EDIT

11. 無題

わざわざコメントを頂きまして、誠に恐縮です。
やはり、文章がお上手ですね。
真面目な内容かと油断していたらオチまであり…
思わずパソコンに向かって一人笑っている、危ない奴になってしまいました。
白状しますと、私はまだみゆきみゆき様の作品を読んだ事がありません。
数少ない友人の紹介でこのサイトを知りました。
なので早速、作品のほうも読んでみたいと思います。
今日は雨模様。少し肌寒い日和となりました。
お体にご留意なさってくださいね。

| Aランチ | 2011/05/11 16:44 | URL | ≫ EDIT

12. Re:無題

>Aランチさん
ありがとうございます。
ぜひ読んでいただけたらうれしいです!

気温の上下が激しい毎日ですが、お風邪など召されませんように気をつけてくださいね。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/05/13 20:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/139-7e334ead

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT