FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

はくち

CabaretM1-110509_141411.JPG

ひとを好きになると、
恥ずかしいことばかりだ。

後悔も焦燥も嫉妬も痛みも、きみへの恋も
全ては口に出さなければ、ないのとおんなじ。



谷崎潤一郎はやはり「痴人の愛」が一番好きです。

ナオミが毒婦として美しすぎず、滑稽で俗なところが良いのよね。

| もばいる | 15:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/140-d34d9ae5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT