FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

人生そんなもの

CabaretM1-110704_164916.JPG

先ほど、

ワインのコルクを一人で抜くのに一時間くらい格闘し、自らのあれこれに投影して絶望した挙句
「コルクも一人で抜けない。人生ひとの手を借りるくらいならば死にたい」と絶賛(鬱)なツイートをした十分後にたまたまガス屋さんが集金にいらっしゃり、
ずうずうしくもお願いしてコルクを抜いて貰ってしまった…。

ひとの手、借りまくり。

とてつもない人生の縮図にあたい眩暈がしたわ。

一人で生きるといきがっても、所詮通りすがりの誰かによくして貰って生きて居るのに過ぎないのね!!

人生ひとの助けが必要なんである。
奢りだったわ。

しかも今日持ち合わせがなくてガス代は払えなかったの。
したらガス屋のあんちゃん、「いやこんなことしかできなくてすいません」だって…おう。き、気を使われてしまった!

ごめんなさい、あ、明後日払いますからね…。


人様の親切が身に染みるぜ。

人間一人では生きてゆけないわねえ。しみじみ。

| もばいる | 16:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 笑いました。

 まるでギャグのような展開ですな。
 小説だったらこの後さらなるオチがあって、「抜いてくれたお礼に私も抜いてあげるわ」とお兄さんのを……。
 いかん、またアメブロに消されそう。

| 瀬井隆 | 2011/07/04 21:39 | URL | ≫ EDIT

2. Re:笑いました。

>瀬井隆さん
いや、ほんとにこれが官能だったらそうならなくっちゃな展開でしたと自分でも思いました。
残念ながら(笑)。
今日は缶コーヒーでも用意してお待ちしたいと思います。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/07/06 07:29 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/193-9cddc703

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT