FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

性ノン講座

昨日はいよいよの性ノンフィクション・官能小説講座でした。

お会いできた皆様、聞いてくださった皆様、どうもありがとうございました!



はああ~~、緊張した!

途中何度も、自分が何を喋っているのかわからなくなってしまいました。


一応原稿を作っていったのですが、目が滑ってどこを読むのか分からなくなったりして……

それでもなんとか終えることができました。

不安なときは睦月先生と蒼井凜花さんの顔を見て心を落ち着けつつ……(笑)。


内容は、私は小説についても官能についても語れるような知識や実績がないので、唯一の自著「花鳥籠」に関する失敗やダメ出し、それに対してどういう姿勢で直しをしたかというようなことを中心に話をさせていただきました。

あまりうまく説明できませんでしたが、とにかく、たくさん直したことだけは……分かっていただけたらいいなみたいな……

とにかく、失敗は恐れずに、ダメだしこそステップアップだぜっ!みたいなことが言いたかったのですが言えてなかったかもしれません。えへ……お喋りむつかしいお……。


それにしても声を出すとだんだんハイになってゆくものですね!節電で部屋もかなりの熱気がこもってきて、頭にも血がのぼり、途中、ふわ~っと気持ちよくなってきたのがあぶないと思いました。



そしてそんな感じで気持ちよく、団鬼六賞についてもだいぶん赤裸々に語っておりましたところ、おそらく見ていられなくなった「悦」の松村編集長が突如前に出て上手にフォローをしてくださいましてうまく最後も締まりました。って自分の力じゃないじゃん!(笑)


いや、すみません。どうもありがとうございます。皆様に支えられて生きているわたくしです。



なにより受講者のみなさんの温かい視線と、積極的に参加してくださる姿勢にもずいぶん救われて、ほんとうにとてもたのしくお話させていただくことができました。


どうもありがとうございました。




わたくしのような海のものとも山のものとも知れぬ新参者に貴重なお時間を任せていただけて、サンケイスポーツさまのお心の広さには頭が下がるばかりです。

このような機会は滅多に得られるものではなく、とても良い経験になりました。

サンケイスポーツの皆様、そしてなにより睦月影郎先生、ほんとうにどうもありがとうございました。


感謝感謝の一日でした。


たのしかったよ!





……と自分のことばなりでなく、感想も少し。

忘れてはならない最後の大トリ、館先生の講座は間違いナシの面白さでこれまた勉強になりました。

ああ~そんなふうに物語が組み立てられてゆくのか……とか、あの話の裏にそんなことが……感心しきり……だったのですが、これ、言ってもいいのかちょっとわからないのでぼかしますが、とにかくアシスタントさんに目を奪われて正直半分くらい講義が頭に入ってこなかったんだっ!!


興奮しました。


今年は講師と言うことでこんな素晴らしい講座を見学(4回中3回いけた!全部行きたかった!)できてほんとうによかったと、最後の最後まで思わずにはいられない素晴らしい講義でした……。


来年からは私も生徒で必ずお邪魔します。また来年、みなさまお会いいたしましょう!






| ブログ | 07:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 残念……

お疲れ様でした。伺えなくて本当に残念です。行く気満々だったのですが、友人が熱中症で病院行き。その付き添いをしました。熱中症の応急処置は覚えましたが……。
最近、お江戸に行ってない……。

| 冴月さくら | 2011/08/14 11:20 | URL | ≫ EDIT

2. Re:残念……

>冴月さくらさん
お疲れ様です!
ご友人のかたは大丈夫でしたでしょうか?今熱中症にはほんとに気をつけないといけませんよね。例年なら一日に何度か涼めた場所で涼めなくなっているので……

館さんの講義、ほんとうに刺激的でしたよ。二次会も盛り上がりました。
みなさん、きっと受講だけでなく二次会がお楽しみの、夏の風物詩みたいなものなのですねw
来年はきっとお会いいたしましょう!

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/08/15 02:44 | URL | ≫ EDIT

3. 無題

ども。講師の大役、お疲れさまでございました。
手短に話しますと、わたしも「敷居の低いところから入って、ちょっとずつスキルアップしていこう」という戦略を立ててこの業界に入り、お陰さまで細々と食いつないでおります。
作戦としては、そこそこ正解だったのであろうと思うのですが、作家の団体の懇親会等に行きますと、誰もわたしの名と顔を知りません(^o^)v
なにかの新人賞を取ってこの世界に入ってきた人ですと、選考委員の大先生の所に挨拶に行き、大先生から、「いま何やってんだ、まぁ座れ」などと言っていただけるのですが、そういう手蔓がどこにもない完全アウェー状態であります。
ひとりボッチであります。ディズニーランドに一人で行くのと同じくらいつらいッスよ。
あなたもそのうちに、似たようなつらい経験をなさることでしょう。ウフフ。そうしたら、会場で無視してやります。嘘です。

それでは、今後とも張り切って頑張ってくださいまし。
深志美由紀先生のご活躍を祈念いたしております。

| にょろ太 | 2011/08/15 21:04 | URL | ≫ EDIT

4. 読みました!

楽しいお話が聞けてとっても面白かったです^^

深志さんが前でお話している時からずっと作品が気になっていたので持って帰って、一気に読み終わりました。

実は性ノン講座に出ていながら官能小説を全く読んだことのない私・・・、だったんですがとっても楽しめましたよ~!

主人公Sの見た目と内面(性癖、性格)とのギャップに始終萌え萌えでした!(官能小説の読み方として間違えてるかもしれませんが←)
男性作家さんのとは比べようがないのですが、女性が描いたものだからかとても読みやすいように感じました。「奉仕として昇華」とおっしゃっていたシーンも登場人物同士の距離がぐぐぐぐーっと近づいてく感じが読んでていい気持ちでした^^

またお話できる機会があると嬉しいです~(^ ^*)

| しおり | 2011/08/17 00:13 | URL | ≫ EDIT

5. Re:無題

>にょろ太さん
先日はどうもありがとうございました!
無事に入れてよかったです~♪

そんな、無視しないでください(笑)。
そんな時にはしつこく話しかけてやりますよっ!

今でも若干アウェーですが、幸い、女流作家さんが結構いるのであのような場でも仲良くしてもらっています。へっへっへ……

ぜひまたお会いできたら嬉しいです~

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/08/18 14:48 | URL | ≫ EDIT

6. Re:読みました!

>しおりさん
先日はありがとうございました。
読んでいただけて嬉しいです!

まさか官能小説を読んだことがなかったとは……な、なぜあの講座にいらしていたのか!
勇気あるチョイスですね!?
毎年いらしているのでしょうか?

女性に気に入ったと言っていただけると、嬉しいです。
ぜひまたお会いする機会があれば嬉しいです♪

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/08/18 14:53 | URL | ≫ EDIT

7. こんばんは。

かなり遅ればせですみません。四回目の講座では講師として有難う御座いました。
あの時の第一印象は凄くお綺麗な方という印象で「同年代のきゃぴきゃぴしたお嬢さんよりずっと良い」という感じでした。
舘さんの講座含め、これから創作をしようと画策している身からすれば、為になる事ばかりでした。参加して良かったと今でも思っております。
自分の性癖を曝す……なかなかに出来そうで出来ない事ですね~。素性が知れていないのならいくらでもぶっちゃけられそうなんですけど。ストライクゾーンの低さとか服飾倒錯症の気とか。ツイッターのサブアカでは晒しているんですけどね。
ところで舘さんのアシスタントさんの一件は、女性経験の全く無い、そしてそういう世界を直に垣間見た事もやはり全く無い私にとって、高圧電流で痺れる以上にある種ショッキングな経験でした(笑)。
あと二次会や三次会、参加したかったです。ブログやツイッターではとても話し切れない積もる話もあっただけに。
近い内にまたお会い出来ると良いですね。そしてそれなりにまたいろんな分野でお酒でも飲みながら濃い談義とかも出来るなら言う事無しです(笑)。
それでは、この辺にて。

| 仮名ライダー | 2011/08/20 04:08 | URL | ≫ EDIT

8. Re:こんばんは。

>仮名ライダーさん
コメントありがとうございます~!
ま~、お綺麗だなんて!頑張って頭盛った甲斐がありました(笑)。

性癖を晒すというか、一番、見せたくないような自分の内面をこそ描くというのは、官能に限らず創作する上で大事なことなのかもしれないと思います。
服飾倒錯、気になりますね~。

館さんのアシスタントさんは衝撃でしたね!
ええもんみたで!というかんじでした。
二次会、みなさんとお話できて楽しかったですよ。来年はぜひ二次会にも!

ではまたツイッターでもお話してください。
今後ともヨロシクお願いいたします~

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/08/21 16:24 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/230-0fd54ef3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT