FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

メンテナンスかよっ

おおお、ギリギリ書けた。



ブログ毎日書こうと思って早起きしたらアメブロがメンテナンスだってゆーじゃないの!

やられたぜっ


もう仕事に行く時間だわよ。




それにしても時間通りにきっちりメンテが終わるのと、ブログの閲覧から先に解放するのはえらいおね。




ところでちょっとちょっとみなさまに閲覧して頂いてるようなこのブログですが、どうやら、「エロ小説」という検索ワードでたどり着いてくださっている方がいるようす。


う、ごめんね、エロいことかいてなくて。

これから書くよいっぱい書くよ。

たぶん。




ではちょっとそれらしいことを書くと、最近わたしが興味あることは「マゾヒズムと女性の自立は共存するか」ということなのです。

わたしは自他共に認める(と言いたいところだけれども自分では言い張っているのになかなか人に認められない)ドMなんだけど、どちらかというとフェミニストでもあるんですよ。

なにしろ青春時代の愛読書は内田春菊「悪女な奥さん」だし。

女性の自立みたいなものをものすごく重要視している部分があるのです。

しかしながら性的思考はまったくのMというか、まああんまり詳しく話すとなまなましいんで、おばちゃんのなまなましいあれこれを書いてもあれなんで控えますが、まあとにかくMなのよ。

性的な局面で男に支配される快感というのはあるよね。

でも、男に舐められるのは許せない。


さてこれは矛盾した思考なのかその行き着く先はどこかしら、というのが最近の興味というかテーマで、まあ、そんな感じの小説を書いたりしてます。


ちなみに好かれるのはMっ気のある男性に好かれるみたい。

というかわたしのS性はサーヴィスのSだと思うんだけど。





そんなわけでタイムアウトなんで、帰って来て時間があったらまた書くよー。





↓小説を置いたりしています本館でございます。よかったら!


| ブログ | 09:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/3-2078086c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT