FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

好きになる

久々に長文日記。

というか全然毎週更新できていないじゃないか。

こんなもんだ!自分に何も期待するな、私!



今日もネタがないと思ってたんだけど、丁度いまツイッターでつぶやこうとしていたことをせっかくだから日記にしてみようと思います。

140文字程度で言えてしまうことを水増しするぜ!

(いや、薄めるんじゃなくて深く考察しようと言うことよ)


で、ナニを言おうとしたかっていうと、さっきとあるアーティストの青年の言葉選びがとてもセンスがよくて好きだなあって思って、あ、私ってそういうとこあるな。って思ったからなんですが、つまり、私は男を「文章」で好きになるなっていうことです。


(多分何度か書いたことがあるかもしれない)


昔から文章のうまい男性が好きだった。


この、うまい、というのはいかんせん自分の好みに左右されている問題というか、文章が上手に書けることとかそういうのとはまったく、とは言わないがあんまり関係のないことですが。


難しい言葉が分かるとか、漢字を知っているとか、文章が長いとかそういうことではない。




個人的に、どんなに容姿のすぐれたひとでも文章がつまらなかったら惹かれないのです。

喋りが面白い男性っていうのは女の子にとって魅力的で、確かに私も喋りのうまい人は好きですが、でもどんなに会話が楽しい人でも、やっぱり文章にするのが苦手な人だとだめかもしれない。

(しかし中には、文章がダメでも喋っている時にとてつもない頭の回転を見せる人がいて、そういう人は例外的に好きである。つまり異様にへりくつのうまいひとで、それは大体が悪い人だ)


わーこのひと素敵な人だなっておもっても、メールとかし始めて、もう、全然ダメだってなることがあります。

いや、ダメだって何様のつもりよって感じなんですが、なんつうか、合わない!ってなっちゃう。

むしろ、好きだ!って思って連絡先を交換してメールを始めたらガッカリして急激に嫌いになることすらある。


逆に、バカそうな喋りの男の子がメールのセンスが良かったりするとぐっとくるっていうか。

真面目ってことじゃないのよー、なんていうか。

難しい言葉じゃなくても、ぐっと来る言葉選びってあるじゃない。


メールのセンスが合わない男とは付き合えないと心底思います。



そう、主に、この、「文章」というのは今はメールに集約されているのである。


これ、多分、一昔前だったら「手紙」だったのでしょう。

手紙の上手な人、真摯な人ってすてきでしょう。

言葉や文章の接続がうまくなくても、「何を書くか」が重要って言うかさ。


「書くべきこと」を書ける人が、好きだ。


これってどういうことなんだろうと、今、自分で考えてみたんだけど、つまり、普段から自分の考えについて思考しているかどうかの、差が出るんじゃないかって思うんですよね。


思考が散漫な人は、文章も散漫。


なんか、いかにも素晴らしいというか、それっぽいこといつも言っているのに全然心に響かないなーっていう男性って結構いて、(体育会系に多い傾向)なんでだろうって思ったんですが、

そういう人は自分のことを真面目に考えたことがなく、自分が何をしたいのかもよく知らないから、表面的にきれいな、上滑りなことばかりを言うのだと思う。

まあ、これは話していてもわかることですが。



自分の内面とよく会話をしている人は、自然と、それが言葉に出るものだと思うのです。


私はそういう人が好き。

たとえ「悪い人」でも、そういう人は魅力的に見える。

(不思議と、自覚のある悪い人、ダメな人というのは言葉が面白いことが多い。自分の欲がはっきり見えているせいか)


ところで「良い人」と呼ばれている人の中には実は、自分の内面に向き合っていない人がわりといて、そういう人は常に「正しいと世間で言われていること」のほうを風見鶏のように流されて向いています。

でもそういう人にも、実はエゴがあるわけで、ふとした折に自分の本心が透けてしまって、それがいわゆる「自分で認められないこと」だったりすると自分にも他人にも酷い嘘をついたりするの。


ちょっとうまく説明できないのですが。


「なりたい自分、あるべき自分」と「本当の自分」がかけ離れているのに、それを認められない人ほど嘘が多い。

一見当たり前のことですが、この「嘘」は自分をも騙す嘘なので、一見するとまるでその人がほんとうに正しい人のように見えることがあり、その場合たいてい回りにいる人(主に恋人)が不幸なの。そしてその原因に、本人も、周りも、気付いていない。


この、嘘をつくときのポイントは何よりも「自分は、悪くない」だったりするので、そうすると必然的に周囲の人間や、環境を悪に設定することになるわけです。


もちろん本当に愛すべき良い人もたくさんいるんだけど、つまりその、ほんとに良い人か、いやな良い人かの差っていうのが、自分の内面と会話をしているかどうかなのではないかと思ったりします。




ちょっと話がズレました。


まあつまりメールとか日記とかツイッターとか、そういうので、私は男を好きになるわけよ!!

これが言いたかったの!そんだけなんだけどさ!!!


ほんとに歳とか顔とか背の高さとか痩せてるとか太ってるとかハゲてるとかち○こが小さいとか、そういうことは判断基準になりません。

ただしイケメンに限らない。本当です。つーか男の顔だけ整ってるとかマジ意味ないし。内面!内面なんだよ男は!!内面が充実すれば男前の顔になる。そしてモテる。確実に。そう思っている女性は私だけではないはずだ。



あと、なんか、実の伴わないうまいこと言ってる人っていうのは分かるよ。

行動と言葉がかみ合わない。

私は文章至上主義ですが、やっぱ行動が伴ってるかは大事っていうか、それは本心か否か(嘘だと自分で自覚しているか)っていう部分でもあって、まあ最悪行動に移していないことだとしてもその人の本音かどうかっていうところが重要なんであります。


(ただし、女同志というのはこの限りではない。女の子のたてまえとうそは、どんなに不誠実でもある意味の真実なので)




ここまで偉そうに言っといてお前はどうなんだよって言われそうですが、

私のメールは、男性から「怒ってる?」ってよく言われます。

たぶん、女性らしい気遣いがなく、主に用件のみで簡潔だからである。または度を越した長文のときは確かに大抵怒っている。


つまり女性の文章としては壊滅的に魅力的でない、と言えるのではないでしょうか。ハハハ。


最近は、なるべく絵文字とか使ったろと心がけてはいるのですが、ここに来て世間のスマフォブームで絵文字が表示されないらしいという現実に直面するに当たり、ならば顔文字なのか、それでいいのか三十三歳、と自問自答の日々であります。


女子力を高めたいぜ!

ちなみに、私の選ぶ女流作家メール女子力ナンバーワンは松崎詩織さん、次いでりんりん(蒼井凜花さん)です。


で、冒頭の、今日いまさっき「おお、この子いいな」って思ったのはニコ動のハチさん でした。

歌詞がいいなって思ったけどツイッターもよかったわ。フォローしちゃおうかしら。



| 週間えむいち | 13:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 無題

去年のサンスポ講座に乗り込んで
あなたとちょっとだけ挨拶した幡大介ですが
こちらでは“にょろた”と名乗りましたが

あなたの書き込みを、さながらストーカーのように見ておりますが
あなた
純文学を書きなさいよ
と、思います
あなたは絶対に純文の人ですよ
わたしは小説を書く人だけど、読む人でもあるので
あなたが書いた純文を読んでみたいですわ。
いや、なんか、押しつけがましくて、偉そうで、お気を悪くしたらたいへんに申し訳ないのですが。
そう思いました。ということで。
なんかよく分からないですが、酔っぱらっているので、あいすいません。

| にょろた | 2012/02/04 23:45 | URL | ≫ EDIT

2. Re:無題

>にょろたさん
幡先生!お久しぶりです。

わーーー、そうですか!?
それは何だか嬉しいです。
純文学の人ってどんな印象だろうと思いますが、多分、いろいろと小難しく考えるのが好きだからでしょうか?
確かに、いつも読むのは、官能でなければ純文学系かもしれません。

今年は、いろいろと書いて挑戦してみたいと思っていたところ、背中を押される思いです。
ありがとうございます!
ちなみに私もいつもはこの時間酔っているのですが、今日はしらふです(笑)。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2012/02/07 23:36 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/349-08aa090a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT