FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

悪い娘はどこでもいける

先日、夫が食器をさげないので喧嘩をしました。

「自分の食器は自分で下げろ」と言えば言うほどムっとして下げないうえに「一緒に下げてくれたっていいじゃないか」と拗ねるのでこちらも負けずにガンとして怒っていたら次の日から下げてくれるようになった。


「君だって朝まで食器を洗わないじゃないか、ぼくはたまに食器を洗ってる」

「それはありがたいけど、全部を私がやるのが当然だと思い込んでるからたまに手伝うと『やってやった』って気持ちになるんでしょ! 間違ってるぞ!」

「君はぼくの奥さんでしょ!?」

「だから何だ、関係ないでしょうが!」



夫はいまどきの若者にしては珍しい肉食系で男尊女卑(というか母親を始めとする女に甘やかされてきたゆえの女性軽視と言うか)の根付いた男なんだけども、まあ、諦めずに根気よく怒れば分かってくれないこともないみたい。

実にくだらない喧嘩ではありますが、他人と一緒に暮らすというのはこんなささいなことのすり合わせだったりしますよね。


ところでここで注目すべきは「君はぼくの奥さんでしょ」というセリフ。嘘みたいだけど、マジで彼はこれを言う、たまに。

でもこの「君はぼくの奥さんでしょ」って、多分、最近の男性は「口に出すべきじゃない」ってうっすら分かってるから表立って主張はしないだけで結構皆内心は思ってるんじゃないかなーって思うのよね。

いや、もちろん専業主婦だったら基本的には私がするべきだと思うけどね?

我が家では大体収入比が2.5:1くらいだから家事も2.5:1にするべきだと思うのよ。確かに私は掃除洗い物なんかちょっとだらしないけど、これでも毎日欠かさず炊事してんの(経済的に致し方なく)、サービスしてる方だぜ。


で、私は常々夫から「君のように怒る女は見たことがない」と言われます。

そう言えばよく怒るな、よくないかなと一瞬反省しかけたのですが、なんか、私だって確か高校生くらいまではそんなことなかったのよねー。

ラブホテルで彼氏が寝てる間に彼の脱ぎ散らかした服を畳むような女だったのだ、私は。

ナニがきっかけでこうなったんだったかしらと考えつつ、昨夜、偶然にも本棚から懐かしい本を見つけ出してしまいました。

その名も「誰からも好かれようとする女たち 」。


ドイツの心理学者ウーテ・エーアハルトさんのベストセラーで、まさにこれってたぶん私の人生を変えた本かも! という一冊。いやおそらく当時世界中の多くの女性を変えたんだろうなあ。

内容はと言うとちょっと自己啓発っぽくはあるのですが、女性が「良い娘になって誰からも愛されようとする」心理がいかに自由の枷であるかということを例をとってひとつひとつ丁寧に説明してくれるもの。

ちなみにこれ、幼い頃の親の教えとはもう100%反対の内容です。


それこそ食器の上げ下げひとつから例をとって「決して退くな!」と教えてくれる本なのね。




冒頭にこんな記述があります。

「(前略)今日、もやは女性は従順でいようなどとは思ってはいない。彼女たちの認識は変わってきているはずだ。けれどもこういう「新しい女」、キャリアを目指し、主体的に生きようとする女たちといえどもいまなお矛盾を抱えている。(中略)

自己主張はしたい。でも人を傷つけるのはいや。目指すものを手に入れたい。でも他人を踏みつけにはしたくない。批判精神を失いたくない。だけど、他人をけなすのは気が引ける。人を説得したい。でも自分の意のままに動かすなんて。自信を持ちたい。でも、こわがられたらどうしよう……」


本編に書かれているのは女性の権利が確立された中でも根強く残っている「良い娘、良い女」という価値観を根底からくつがえそうということです。

「素直で優しく、従順。譲歩をいやがらず、謙虚で寛大」でいるのが「良い娘」、そうじゃないのは「わがままで生意気な娘」だというその認識こそ間違っているのだという内容。生意気だと罵られてもいいじゃないか、全ての人に愛される必要はない! っていうのね。

ちなみに原題を訳すと「いい娘は天国へいける、でも悪い娘は生きているうちにどこへでもいける」。


ぜひ読んでいただきたいので内容を詳しくは書きませんが、もーほんと目からウロコなんですよー。

この本が出版されたのは1995年で、今から15年も前ですから若干時代を感じる部分もあるし、「この頃と比べると今では随分世間の価値観も変わったなあ」っていう部分もいっぱいあるのですが、まだまだ、現代女性に通用するものがあると思います。

女性の皆さんのみならず、「なんか最近の女の子って扱いづらいな」と思っている男性諸氏もよかったらぜひご一読を。



またこの本には要約すると「軽やかに自由でいるためにはその分苦痛が伴うし、自立するにはそれに見合った責任も負わなければいけない」ということも書いてあります。
だって「誰からも愛される」ことを捨てるのだもの、そりゃ、覚悟が要るし辛いこともいっぱいあるのよ。

これは「大丈夫、自由にしてもあなたは愛されます」という内容では決してない。むしろ「孤独を恐れるな」という内容です。でもそんな自分でも愛してくれるという人と共に過ごすのが一番幸福なんじゃないかと私は思うんですけどもね。



可愛い娘でいて誰かに守られながら、鳥籠の幸福を享受するのか。

生意気な娘になって多くのものと戦いながら、自由を手に入れるのか。


どちらも強要できるものではないし、人それぞれの幸福があるよね。
ただ「そういう選択もあるのだ」っていうことは、知るべきだと思うのです。


上記のとおり私は夫とは物凄く衝突するんだけど(というか本音で話すと大抵の男性と衝突するのだが)、まあ、これも人生の業というやつなのかもしれない。

価値観の合わない相手でも愛がある限りはしょうがない、話し合わなきゃいけないもんな。それでお互い耐え切れないなら一緒にいることはないのだし、別に。

もちろん相手の言うことを頭から否定するばかりでもいけないんだけども。


実は逆に、我慢して何でも言うことをきいてくれる人と一緒だと私はあまり良い方向にいかないという経験もあって、もしかすると無意識に力一杯ぶつかれる相手を選んだのかなあ、とも思えるのでした。


人生は戦いだぜー。





↓小説を置いたりしている本館でございます、よかったら!


| ブログ | 08:45 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 無題

原題の訳にガツンと衝撃を受けたよー、そういう精神めっちゃ好きっすw
だいたいみゆきさんと好きなものや思考が同じだし多分その本絶対私も好きだとおもうwwので今度買う!

因みに男の人はこっちが感情的に怒るとイライラして反発したくなる生き物なので、何かを説得したいときは理性的に理屈で諭すようにすると判ろうとしてくれて喧嘩にならない…けどPMS中はそれができなくなるから喧嘩になっちゃいませんか(´・ω・`)

| えりか | 2010/11/25 09:59 | URL | ≫ EDIT

2. 女の子だけじゃないですね。

 これは女の子に限りませんねぇ。責任が伴う自由を放棄して、その場の空気とか大勢に迎合していすべての人に当てはまると思います。みんな「世間様」を気にしすぎ。世間が幸せにしてくれるわけでもないのに。
 いっそ嫌われちゃえば余計な期待もされないし、好き勝手できるから逆に楽になんですけどね。皆嫌われるのがそんなに怖いのかな、と思うのでした。

| 瀬井隆 | 2010/11/25 10:03 | URL | ≫ EDIT

3. 無題

家事はやってもらって当たり前だと、思われるのが腹立ちますよね。
うちは母子家庭なので、息子は家事をやって当たり前と刷り込みをやっている最中です

| 阿霞 | 2010/11/25 22:37 | URL | ≫ EDIT

4. Re:無題

>えりかちゃん
ガツンと来るよねー!
死んでからのことなんてどうでもいいのだ。
きっとえりかちゃんも好きだと思うからぜひ読んで……!

PMSんときはもーねー。喧嘩になっちゃうね。なんか自分でもしょうがねえなって時にはもう寝ることにしている。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2010/11/26 20:57 | URL | ≫ EDIT

5. Re:女の子だけじゃないですね。

>瀬井隆さん
そう!そうなんですよー!
最近はほんと、男女問わずこういう傾向があるような気がします。多分、女性が強くなったぶん男性のありかたが途惑っている部分もあるのかなーと思いますが……

ほんと、世間様は何も助けてくれないですからねー。多少つまはじきにされたって、自分の好きなようにするのが一番たのしいです。
確かにちょっと怖いんですけれどもね。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2010/11/26 21:00 | URL | ≫ EDIT

6. Re:無題

>阿霞さん
おお、すばらしいご教育です……!

家事ってけっこう面倒くさいですよねえ。お前が面倒なもんは私も面倒なんだよ!ってかんじですw

なんとなく家事できないとうしろめたい気持ちになっちゃったりしますが、それ自体が間違ってるってことで気にしないでいきましょう!
そして息子さんはきっともてる男性になるとおもうなあw

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2010/11/26 21:01 | URL | ≫ EDIT

7. 無題

どうもー。
こちらではお初です。

「奥さん」は「家政婦」では断じてないよね。
男女問わず家事ができて損をするという事はないのに。一人暮らしもだけれども、相方が緊急長期入院とかになったらどうするのさ。ねぇ。

「いい娘」ではないのは面倒臭いしがらみをぶっちぎれるので結構楽、でも別方面に面倒かも。
何が面倒って、「いい娘」だと八方美人と言われ「悪い娘」だとアイツはおかしい・マトモではないと言われる事、ですかね。
挙がってる「悪い娘」のように親に育てられましたが、育ってみたら「そんな悪い娘に育てた覚えはない」ですってさ。

自分はフェミニストだと思い込んでいる男尊女卑男ほどたちの悪い面倒臭いものはないと思う。

そして男を理詰めで追いつめると、「(感情的になるしか能のない)女に理論で負けるなんて」とでも思うのか、キレて怒鳴れば勝てると思ってる男ばかり見ているような(苦笑)。

そうそう、しんどうふゆきの女の取り扱い説明書(と書いてトリセツと読むらしい)、フツウに結構面白かったので今度渡します。

| 計都 | 2010/11/26 23:28 | URL | ≫ EDIT

8. Re:無題

>計都くん
こっちではお初ですー!どうも。

「悪い娘」に育てておいていざとなったら「そんな悪い娘に……」って一番こまるよね!
でも凄く分かる、多分、理想と現実の違いに途惑ってしまったんだろうなあ!

「悪い娘ぽいけど自分の言うとおり」という方向に行ってほしかったんだろうか、む、難しい……。
「女に理論で負けるなんて」はちょっと年配の男性にはごくありがちですなー。いや、若くてもそうか……ちょっと頭のいい男の人だとそうなりがち。はっはっは。

「女の取り扱い説明書」ってあれ?逆の意味で面白そうと言ってた本?

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2010/11/29 07:57 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/52-ace6fe06

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT