FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

着物がすき

着物が好きです。



ゆくゆくは日常常に着物を着て生活をしたい、と思っているくらい。

歳を取っておばあちゃんになったら、(洋服の方がそれはたぶん着るのはらくちんなんだけど)洋服よりも着物を着ていたほうがしゃんとして見えて素敵だと思いません?

なんでだろ、やっぱ日本人だからかしら。心の問題かしら。


そんなわけで、めざせ日常着物生活を公言しているわたしです。

しかしながら今のところ毎日時間に追われてなかなか実現出来ないのだった。パート先で制服に着替えるのに着物でいくわけにはいかないし。仕事から帰ってきたらくたくたなもんで部屋着を着物に、ともなかなかいかず、今は残念ながらお出掛けの時にしか着ることができないのでありました。頑張ろう。



ところで着物好きには大きく分けて2種類の人がいます。

きちんとした新品の着物が好きな人と、大正昭和などレトロな古着が好きな人とです。

洋服だっていろいろ好みがあるもんで、もちろん着物にだっていろいろ好みがあるわけですね。

ちなみに前者はわりと名のある高級な着物が好きで、自分の身体に合った寸法の着物を反物からお仕立てして(車が買えるくらいの値段のモノじゃないと買う意味がないと公言する人もいる)、着付けも補正を入れてきっちりする人が多いです。いつでも晴れ着、というタイプ。

後者はとにかく安価でも柄にこだわったり、時代にこだわったり、個性的な着こなしを好んだりする人が多いです。


私はどちらかと言うと、後者。

もちろんお金があったら良い反物から贅沢にお仕立てして、という夢もありますが、それじゃあ何着もはとても持てないじゃない?

しかも、なんというか、いつでも晴れ着、ってちょっと私の理想とする着物生活からは遠いような気がするんだなー。


大体大手の着付け教室に行くと、着物はちゃんと寸法の合ったものを仕立てないといけないって言われるみたいなんですよね。

それってでもちょっとおかしいというか、まあ今着物を作ってらっしゃる職人さんたちとの兼ね合いもあって致し方ない部分はあると思うんですが、ちょっと、商業戦略的なものを感じます。


ほんらい着物っていうのは、日本人が日常的に着ていたものでしょ。

着付け方なんかも親から子へ自然に伝わっていくものだったわけでしょ。

それが、「教室に通わないと着られない、高級な着物じゃないといけない」っておかしいと思う。

昔は正絹の着物なんか滅多に着なかったわけで。現代では皆が皆お姫さまみたいなものですねー。



着付けを誰かに教わるというのは、今の世の中自然と覚えるものじゃないので、教室に行くのももちろん良いと思うんですよ!私もできたら行きたい。着崩れないコツとかプロならではっていうのもあるだろうし。

でも、「こうじゃなきゃいけない」って、「晴れ着」のルールで普段から口煩く注意するのはちょっと違うような気がする。というのは着物を着る人なら思い当たることがあると思うんですが、いわゆる前者のタイプの「着物好き」の中にはうるさがたのおばさまなんかが沢山いらして、外で誰かが着物を着ているのを見つけようものなら「あなたここが違うわ、おかしいわ」といちいちチェックを入れられたりするのです。困ったもんだ。


でもねー。

昔の、それこそ大正、昭和初期あたりの写真なんかを見てみると、みんなほんとに自由に着物を着てるんですよー。

おはしょりもこもこ、お太鼓なんかひん曲がってたりして、しかも一枚の着物を大事に大事に着まわすから袖丈なんてまちまちです。当たり前なんですよ、だって、掃除したり買い物したり走ったり風呂沸かしたり勉強したり、毎日いろんな場面で常に着てるんだもの。しゃなりしゃなりと晴れ着を着てお上品にすましているばかりではないのです。

そう考えると、いわゆる今現在の「着物のルール」って、「日常着物を着なくなってから」出来たものなんだなーってつくづく思う。どこの誰が広めたものかはわかりませんが、まあ、いろいろ事情があるのでしょう、きっと。

だから、それはできたらきれいに着られた方がすてきだなって思うけど、別に、ガチガチにルールに縛られなくてもいいんじゃないかって思うんですよね。


私は今のところ、親に教わったり、独学で本などを見てなんとかふつうに着るくらいはできるようになりました。「晴れ着」の着方ではないけれど、「普段着」くらいならこれで問題ないと思います。

「理想の着姿」っていうのがあるので、なるべくそれに近付きたいな。今思うと着物にはまりはじめた最初の頃のことは「あれはないわー」って思い出すこともありますが、最近ちょっとはましなんじゃないかと思います。

いつかは「晴れ着」も自分で着られるようになりたいなっと思うんですけども。


それから昔の着物は、かわいい。

ほぼ趣味でしか着物を着る人がいない現代と違って、日常全部の衣服が着物だった時代の着物は柄がすっごく自由で大胆です。

それがまたレトロ着物の楽しみでもあったりするんだなー!


まあ、前述の通り、新しいものをちゃんとした値段で買わないと職人さんがいなくなっちゃう懸念もあるんですけれどもね。もしも小説でそれなりに成功したら、ぜひとも現代の着物産業にも貢献したいと思います。でもそれ、天井がないんだよねー!w


ああ、考えてたら着物が欲しくなってきた。

隣の駅になかなか良いリサイクル着物のお店を見つけたので、今度ゆっくり行ってみようって思ったの、思い出したぞ!お給料でたら覗きに行こう。



ちなみに、日常を着物で生活しようと想像してみると、今のようなだらけた暮らしはとてもできないなあって思います。

昔の日本人はみんな、きちんとした丁寧な暮らしをしていたんだろうなあ。

昔を懐古してばかりではいけないと思いますが、ちょっと、振り返ってみるのもいいのかもしれません。








↓小説を置いたりしている本館でございます、よかったら!


| ブログ | 16:03 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 同感。

私も着物好きです。
親や祖父母が、何かいろいろ和服を生業にしてたってのもあるんですが…。
みゆきみゆきさんのお考えを読んで、そっかぁそうだったんだなぁ、と改めて着物の文化を知りました。
それにこどものころ、祖父母も母もいっつも着物をカッコつけずに(それしか無かったんだろうけど)着てたよなぁ、と思い出しました。

着物っていいですね。

| マチャ | 2010/12/03 20:38 | URL | ≫ EDIT

2. 私もレトロなのが好きです

着物って色々と決まりごとがあるから楽しい部分もあるのかなーって思いますね。
柄なんかに関しては、四季があるからこその決まりごとと言いますか。遊び心あるよなぁって思います。
そういう部分を意識して先取りしたりとか、崩したりとか、粋な着方ができる人がファッショニスタだったんでしょうね。
私はレトロ着物をガウン代わりに着てますよー。今度その古着屋教えて下さい(笑)

| GAI | 2010/12/04 01:27 | URL | ≫ EDIT

3. はじめまして

はじめまして、ゆえと申します。
昔、8年ほど前、某少女小説雑誌でみゆきさんの作品を読んでから、ずっとファンでした。
その雑誌は今でもとってあります。
このたび久しぶりにみゆきさんのブログを偶然見つけ、とても嬉しくコメントさせていただきました。
作品が文庫化されるとのこと、おめでとうございます。
かげながら応援しております。
それでは。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2010/12/10 08:08 | URL | ≫ EDIT

5. Re:私もレトロなのが好きです

>GAIさん
レトロ着物いいですよね!柄いっぱいあるし!
季節を先取る柄のオシャレなんかは日本独特ですよね。着物のきまりと言ってもこればっかりは外せないw
四十八茶百鼠とか、渋さの粋とかねえ。
昔の日本人の遊び心ってかっこいいなあと思います。

今度ぜひ一緒にお買い物したいわ!
というかじっくりお話したいわ!

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2010/12/10 08:13 | URL | ≫ EDIT

6. Re:はじめまして

>ゆえさん
初めまして!コメントどうもありがとうございます。
某少女小説雑誌……!まさか当時を覚えてくれている方がいるなんて!すごく嬉しいです。ありがとうございます。なんとか、どうにか、物書きに出戻ってまいりました。

自分の作品を誰かが記憶に留めてくださっているというのは、本当に本当に嬉しいことです。
あああ、踊りだしてしまいそうw
細々と頑張ってまいりますので、今後ともどうかよろしくお願いします!

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2010/12/10 08:19 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/56-54d18e27

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT