FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

近況。

昨日はなんだかんだ言って長文を書いてしまったので、今日こそライトに。

しかも実は、このあとちょっと重い内容の外出を控えておるので、笑えるような話を書こうかと。



つっても最近な~んにもないのよね~

撮影は面白いネタいっぱいあるんだけど、内容については緘口令が敷かれているのだった。


せめて言えることと言えば、とにかく女優さんが可愛い、顔ちーさい、スタイルいい。

男優さんのプロ根性がはんぱない。

というくらいか。時間がたてば多分ネタにしていいことも出てくると思うので、しっかりひみつノートにはメモっておこうと思います。


あと憧れの監督さんにお会いできて、ちょっとお言葉をいただく機会もあって、おいら感動しただよ!

ああっ、この人があの!きちくな!きちくでえろいビデオをとらはるあのかんとくさん!と、興奮しちゃったぜ。

この監督さんのビデオはもーえろいったらないのだ。Mっ気のある女子から大人気だと思う。多分あれ、男性よりか女性に人気あると思うんだよなあ!

陵辱と言えば!という。尊敬しています、またお会いできたらいいな~




あとね~

全然関係ないんですが、最近、人のまねっこをして外で原稿書くようにしてるんですよ。

結構、家にいるとネット見たりしてさぼっちゃうほうなので。

で、マクドナルドでよく原稿を書いてるわけなんですが、なぜか、ちょいちょいちょっと不思議な出来事に会うんだなー。


なんか知らん、あからさまに隣(前後左右空いてるのに)に座られてPCを覗かれたり、一昨日は、ナナメ向かいの、こっちに背中を向けて座ってる人がぐるんぐるん体ごと振り返って何度もこっちを見るのだ……


えーなにーorz


ちなみに両方男性ですが、両日ほぼスッピンに普段着ですし、悪いけど美人じゃないし若くもないから、ナンパではないと思うよ。っていうかここ十年以上そんなことされたことないし。


もしかするとPCでカチャカチャやってるのが珍しいのか(いまどきそうでもないと思うけど)、それとも、私がよっぽど不審な態度を取っているのでしょうか。

えろい小説書いてるからもじもじしてんのかいな。そんな。ひょっとして書きながら口に出てる?それとも不気味ににやにや笑ってんのかな……

うう、そんなことはないと思うんだけど!


ちょっと悩んでおります。

もしかしたら通りすがりにPCの画面が見えちゃったのかもしれないけれども、そしてその中身がゲチョエロの陵辱小説だったりしたのかもしれないけれども、

あのね、おばちゃん仕事でやってるの、別に、そうゆうプレイなうってわけじゃないのよ……!





↓小説を置いたりしている本館でございます、よかったら!


| ブログ | 10:47 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. パソコンの画面

 ほんと、公共の場所で書いてると執筆中の画面には気を遣うんですよね。僕は割りと「文句があるか」派なんですが、小さい子供が知らずに覗き込んでくるのはさすがにまずいし、良識あるおばちゃんに騒がれても嫌なので、やばそうなときは極力文書サイズを縮小して小さめの文字で打つようにしてます。
 画面に貼ると覗き見防止になる偏光フィルムもチェックしたんですが、とても実用的なお値段ではありませんでした。携帯画面用は一般的なんですけどね。

 いつも男性の注目を浴びるというのは、やはり深志さんの魅力ゆえのことと思いますが、ひょっとしたら情交シーンを書いているときの僕たちは、なにかしら特別なオーラを発しているのかもしれませんね。

 とにかく壁を背にするのが基本ですが、できないときは通路に対して斜めに体を向けるといった防御策をとるしかないですね。暖かくなれば膝に乗せて公園のベンチで書くという方法もあります。こちらは随分と気が楽です。

| 瀬井隆 | 2011/01/25 21:26 | URL | ≫ EDIT

2. Re:パソコンの画面

>瀬井隆さん
いやあ、初めての試みだったのですが、なかなか気を使うことだなと思いました。というか最初はぜんっぜん気にしてなかったんですけど。字も小さいし。

なんかうちの近所結構混んでいるお店ばかりで、一人で座れるような席で壁を背にする席がなかなかないのですが(壁に向かって座るみたいのが多い)、心がけてみます!
ありがとうございます。

もしかしたら何か、執筆中は魅力的なオーラ?が出ているとしたら、それはちょっとうれしいかもしれないですねw

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/01/28 07:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/65-647a3bcc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT