FC2ブログ

CabaretM1

官能小説家、深志美由紀の日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ぷらいすれす

ああ、それにしてもお金がない。



先月は地震やら停電やらで結構、昼間の仕事が休みになってしまったので、今月はとってもびんぼうです。

いや、毎月貧乏貧乏言ってていい加減もうええわ、と思われると思うんだけど今月こそはほんとうに困った事態だ。

まあ、来月に延ばせる支払いはなんでも強引に伸ばして乗り切るからいいんですけどもね……ライフライン最優先(まねしちゃだめよ)。


なんでアサイチでこんな話題かっつーと、今朝は本格的に金勘定していたら4時くらいからすっかり目が冴えてしまったからですよ。

でも前の晩21時とかに寝てるんで、実際8時間くらいは寝てるんですけど(笑)。

いつもどんだけ寝てんだ!!



いやあほんとシャレじゃなく、どう考えても収入<支出。

ほんと切実に早く印税を……印税を……いただける生活に……なりたい……

そしたら遅延してる税金から真っ先に払うよ、ほんとだよ……

どうせ贅沢できるほどには売れないだろうから、とりあえず、生活が困窮しない程度に儲かればいいんです、ほんとに……

そ、それまではなんとか生き延びるぜええええええ!!




お金と言うと、実は今まで(今回結婚するまで)あんまり真剣に勘定して生きてこなかった。

なので今はそのツケがどどーっと来てるんだと思うので、これはこれからの人生に必要な、良い経験に違いない(←なんとなく保証はないけど将来的には楽になってる気でいる)。

そう思ってやりくりしております。やりくりできてないけどな。


何しろ私は自慢じゃないが貯金をしたことがない。

結婚するまで実家暮らしでちゃんと働いていたのに、一円も貯金のできない人間だったのです。

場末のキャバクラとは言え、ナンバースリーくらいでそれなりの給料は貰っていたのに。貯金どころか若干借金まであった。

ちなみに私はブランドものの服やらバッグやら車やらにはまっったく興味がありません。おかげ様でお金に変えられる資産はなーんにも残ってない。

じゃあナニに使ったって、それは、毎晩の酒代と聖飢魔IIのミサツアー(ライブ)……。


いやあ、楽しかったなああああ。

ちょうど聖飢魔IIがね、解散のちょっと前でね、全都道府県ツアーとかやってて一緒に北海道から沖縄まで飛び回ってねえ…………

仕事場からちょっこーで飛行機乗って、今日は大阪明日は広島みたいな生活をして……あれは楽しかった、ほんとに楽しかった……うっとり……


いやいやいや

まあそんな生活をしていたお陰でお金が全くのこっておりませんでして



で、実は、そのあと、一回目の結婚をしたときは夫の家が小金もちの資産家であったりして

ちょっと自営の経理なんかの仕事をさせてもらっていたお陰で、これまた、大して仕事もせずにふつうのサラリーマンくらいの月給は貰っていたのですが

しかしこれもまったく貯金ができなかった……

この時期は自分で言うのもあれだけどちょっと病的で、時間も金もあるのに何もできない、ただ無為の生活を送っておりまして

とにかく、とにかく何も出来ない。じゃあこのお金はどこに消えたのだ、というと、やはりひたすらに酒代と本代に消えていたのだった。

あ、あとこの時は着物を買ったな。とは言え資産になるような高価なものではなく、毎日着られるような、可愛くて安い着物をたくさん買ったの。そしてやたらと着ていたから、これだけは今でもちゃんと残っていて、ある意味私の財産になっていると思う。




ちょっと長くなりましたが、というわけで、私はこの歳までまともに家賃光熱費の計算、食費の計算、日々の金勘定をしっかりしてこなかったわけです。

そしてざっと半生涯の収入○千万余りをただひたすらに浪費したわけだ、主に酒と飯に……。

だからーいまー、こんなに苦労しているんだだなーーー。

うわあ、すごい、絵に描いたような自業自得じゃないか!!!!


今過去に戻れるならば小娘の自分の首根っこを引っつかんで、毎月一万でも二万でもいいから貯金せんかいっ!お前のせいでおばちゃんこんな苦労してんやぞっ!と言ってあげたい気もしますが、しょうがない、宵越しの金は持たない主義なんだわ。たぶん頭がちょっと弱いのだ。叱っても覚えなかろう。

なにより、鞄一つで飛び回ったライブ旅行は楽しかったし、お酒も美味しかったし、だからいいのだ。と思うことにしたいと思います。

残ったものは思い出と着物と脂肪だけよ……はっはっは。




まあそんなふうに自分を正当化しながら現在貧しさに耐えているわたくしですが、あれだよ、これからは貯金するよ。今はちょーとムリだけど、ほんとうに「小説家」を名乗れるようになったら。ちゃんと税金も年金も払うよ。


簡単な話だ、収入が支出を上回ればいいんだろっ!?

いやーんお金使っても使っても余っちゃーうってくらい儲ければいいんだろっ!!!


やったろうやんけーオラーーーー!!!!!



というわけで全く反省しないまま、今日ももやしを食うわたくしでありました。

うん、ゆ、夢は大きく持ってもいいよね……。







↓本館


| ブログ | 07:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1. 人生を楽しんできた日々=プライスレス

 酒代はどうか分かりませんけど、本代は自分への投資になってるから決して無駄じゃないと思いますよ。
 ガンガン稼いで人生を楽しんだことも、小説を書くことに役立ってるでしょうし。
 江戸時代のとある豪商の若旦那は、ふらふらと遊び歩いて店を潰したものの、遊んで覚えた技能で身を立てて食べたそうです。

 いままで日本の経済の活性化に寄与してきたわけですから、これからはお金が懐に戻ってくる番ですよ。出て行きっぱなしということはありません。人生に無駄なものはないと思います。

| 瀬井隆 | 2011/04/05 10:26 | URL | ≫ EDIT

2. Re:人生を楽しんできた日々=プライスレス

>瀬井隆さん
いやあ、本と言ってもほとんどマンガだったんですけどね。当時、まったく長文が読めないというちょっとアレなことになっていたので……あれはほんとになんだったんでしょう。あぶない。
でも漫画も感性を養うにはいいですよね!と思う。

確かに、本当に楽しい人生を送ってきたという気持ちがあるので、あんまり後悔はありません。
でももしお金が戻ってきても、また使っちゃうだろうなあ(笑)。いいのか、経済の活性化ですか、そうですよね!
日本のみなさまのためにガンガン使うのでぜひ儲けさせてください神様……。

にしてもいいですね、その、江戸の若旦那。憧れますそういう男性(ダメ男好きのゆえん)。

| 深志美由紀(みゆきみゆき) | 2011/04/06 08:44 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://cabaretm1.blog.fc2.com/tb.php/95-9016f503

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。